iPhone7sかiPhone8では顔認証システムが搭載される?

iPhone7やiPhone7 plusの次世代機と噂されている、iPhone7sやiPhone8。iPhone7s以降の新機種には、様々な新機能が搭載されると言われていますが、なんとiPhoneのロック解除システムとして、顔認証システムが搭載されると噂されています。顔認証システムは現在発売されているiPhone7やiPhone7 plusに搭載されている指紋認証を超えるセキュリティを持ち、その人の「顔」をロック解除のキーとする機能を搭載した画期的なシステムです。

 

このシステムがあれば、現在指紋認証で抱えている、手荒れが酷い人は指紋認証システムを使えないケースや、指紋認証の認証がなかなか正常に作動しないケース、そして他人に寝ている間に勝手に指紋認証をされ、メールやSNSを覗かれるケースが無くなりそうですね。それではiPhone7sやiPhone8で導入されると噂の、顔認証システムとは一体どのようなものなのか、具体的に検証してみましょう。

 

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7sやiPhone8で導入が噂されている「顔認証システム」とは?

iPhone7sやiPhone8など、iPhone7以降の次世代機種に導入されると噂の顔認証システムとは、iPhoneで撮影したデジタル画像から、その人の顔の目立つ特徴を抽出することで、他の顔と識別するシステムを言います。顔の目立つ特徴としては、目や鼻、頬骨やあごの形などが挙げられ、初期の顔認証システムは、これらの特徴と一致するかどうかをテンプレートマッチングさせる方法を採用していました。

しかし、徐々にその顔認証システムの精度も上がり、見た目の特徴を直接幾何学的に比較する手法や、顔の画像を統計的に数値化し、その数値をオリジナル画像と比較する手法など、様々な手法が生み出されてきました。発売予定のiPhone7sなどで搭載される顔認証システムの原理も、このような手法を元にしていると考えられています。

iPhone7sやiPhone8で搭載される顔認証システムの最新技術とは?

上記の顔認証システムの黎明期を過ぎ、現在の顔認証システムは様々な技術革新を遂げているようです。最近では3次元センサーを使って顔の立体情報を取得し、眼光や鼻、顎の輪郭などの特徴的な部分を抽出し、見えない部分も考慮してより正確なデータを取るという「三次元顔認証」も生まれつつあります。この三次元顔認証の場合は、画像の明るさに左右されず特徴的な部分を抽出することや、顔の様々な角度での認証が可能となるため、今後の技術革新が最も期待されていると言えるでしょう。(ただし、現段階では、顔の表情の変化には顔認証システムが追いついていないため、イスラエル工科大学などでこの弱点を克服する技法が研究されているようです)。

また、三次元顔認証と共に注目されるのが、見た目の詳細データを顔認証システムに応用する技術です。例えば、画像からしみやしわを特定し、数値化することでより顔認証の精度を上げようという試みです。この手法は「Skin Texture analysis」と呼ばれており、従来の顔認証システムよりも20%から25%も顔認証の認識率が向上したというデータもあるようです。iPhone7sやiPhone8でもこの技術が使われる可能性がありますね。

iPhone7sやiPhone8ではどの程度の技術で顔認証が行われるのか、そもそも顔認証システム自体を搭載するのか、という点は、今のところApple社から正式発表はされていません。しかし、このような技術を応用し、顔認証システムが機能するようになれば、更にiPhone7sやiPhone8のセキュリティが向上し、ユーザーの利便性も増すことは間違いありません。iPhone7sやiPhone8への期待も高まりますね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ