iphone7の各キャリアの繋がりやすさは?

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iphone7のつながりやすいキャリアについて

現行のiphone6sは各キャリアが4GLTEのサービスでキャリアアグリケーションにより、より繋がりやすさを競っています。ドコモはPREMIUM 4Gとの名前で2G・1,7G・800Mの3つの周波痛を組み合わせて受信時最大262.5Mbpsの高速通信が利用できるとしています。

auでは2Gの同時に利用で受信最大150Mbpsを実現するとしています。ソフトバンクではFDD-LTE方式により下り最大187.5Mbpsを実現しています。ソフトバンクはまた4Gでも下り最大165Mbpsの速度を実現していて、4GLTE4Gの2つの通信を使ったキャリアアグリケーションも実現しています。

iphone7の繋がりやすい場所について

現行のiphone6sで関東圏の交通手段によって通信速度がどうなるかを調査した結果があります。ドコモ・au・ソフトバンク3社で比較したものがあります。ドコモの回線速度が速かったのは、山手線全29駅・山手線主要10駅。

auの回線速度が速かったのは、地下鉄銀座線全19駅・全国の新幹線全89駅、ソフトバンクが速かったのは、首都高速道路・山手線主要12駅、となっていて、平均では、ドコモが27.44Mbps、auが28.46Mbps、ソフトバンクが27.44Mbpsとほとんど差がない状況でした。交通手段により各キャリア間に差があり、車に長く乗っている営業マンにはソフトバンクが良いようです。

黒いスマホ

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ