【新情報】iPhone8のタッチセンサー部分はほぼ日本製?!

iPhone8になることでいろんな機能が上がること、またはある機能が無くなるなどの情報が出ていますが、タッチセンサーの部分が日本製だという情報も出ています。ある情報では9割が日本製のタッチセンサーになるかもしれないといっているので、可能性は低くはありません。タッチセンサーが日本製になれば3Dタッチに供給は減少する可能性が高いとみられています。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

タッチセンサー機能について

タッチセンサー機能は指がパネル面に触れるだけで操作を行えるようにしたものです。今のスマホではどこもタッチセンサー機能が付いていますが、タッチセンサー機能があることでいろいろな操作が便利になります。電話に出るときも指先一つでできますし、アプリを操作する点でも油夫先だけで行うことができるので、操作する点で片手だけで行うこともできます。

タッチセンサーはパソコンにはついていませんが、iPadやiPhoneではすでにタッチセンサーが以前から使用されてきています。タッチセンサーのおかげでiPhoneの操作もより簡単に行えるものです。

日本製って本当?

便利なタッチセンサー機能ですが、そのタッチセンサーが日本製という情報は広まってきています。日本製のタッチパネルになるという理由は有機ディスプレイ用の3Dタッチはさらに複雑な技術が必要となるため、iPhone8は薄膜式タッチセンサーが必要だということです。

この薄膜式タッチセンサーは日本の技術が優れているので、iPhone8では日本製を使用されるのではという情報が出ています。先程の理由からすると日本製のタッチセンサーが使用される可能性は高いかと思います。日本製のタッチセンサーの技術は高いので、iPhone8で使用されるとメリットは大きいと思うからです。

日本製のメリット

日本製のタッチセンサーを使用するならば、iPhoneで使用されるパネルの効果を活かしやすいのでは思います。今回のiPhone8のパネルはAMOLEDパネルを使用するという情報があります。そのパネルは反応速度が速く残像が残らないというメリットがありますが、輝度の調整を行うのに構造が複雑のようです。そのパネルと組み合わされるタッチセンサーはパネルの効果を活かす点でも複雑さが要求されるのではと思うため、日本製の高度な技術で開発されているタッチセンサーを使用すると上手くかみ合って、iPhone8の機能が上昇するのではと思います。これが日本製を使用するメリットだと思います。

iPhone8のタッチセンサーに日本製が使用されるならばiPhoneの機能が上がる可能性は高くなるのではと思います。もし、タッチセンサーが日本製のものならばiPhone8を購入し、使用するときに同じ日本人としては嬉しいものでしょう。まだ分かりませんが、タッチセンサーで日本製が使用されるならばiPhone8に貢献することがきるので、実現してほしいですね。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ