iPhone8はUSB充電器に対応しているのか

SDカードやオーディオインターフェースなど、iPhone端末にUSB機器を接続することはもう特別なことではなくなりました。むしろ、最新モデルとなるiPhone8はUSBによる機能拡充を前提として設計されているようなところがあり、「USB機器を使いこなせなければiPhone8の性能を充分に引き出せない」とまで言われています。中でもとくに重要なUSB充電の現状についてくわしくまとめました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8でUSB充電できると何が便利なの?

iPhone8がUSB充電に対応するということは、簡単に言うと、iPhone8をPCにつないで充電できるということです。PC本体から充電に必要な電力が供給されるということですから、出張先や外まわりの途中に立ち寄った喫茶店など、充電コンセントがない場所でもiPhoneを充電することができます。日頃ほとんど家にいないiPhoneユーザーにとってUSB充電機器は欠かせないアクセサリーであり、iPhone8でも何が何でもUSB充電に対応してほしいところです。

思わぬ事故をふせぐために!USB充電の基礎を知っておこう

USB充電は今やandroid端末でもポピュラーな充電方式になりましたが、くわしい仕組みや注意点については意外とよく知られていないのではないでしょうか。iPhone用のUSB充電には、PC本体から直接電力をとる方式と付属アクセサリーのアダプターを経由して給電する方式があり、iPhone8でのUSB充電には必ずアダプター方式を選択するべきだとされています。USB充電のエネルギー単位はアンペアで表され、iPhoneの場合は最低でも0.9A(急速充電なら1.8A)以上必要になるとされています。

USBの進化が充電を変える?これからの充電方式とは

現時点でのUSB充電はPCとiPhone間の給電が中心ですが、まったく新しい充電方式、たとえばiPhoneからPCへの給電やiPhone同士での充電なども研究されています。iPhone同士で電力を供給できるようになれば自宅以外でもどこでも充電が可能になり、モバイルバッテリーなどの付属アクセサリーも必要なくなるかもしれません。さらに、USB充電のその先の充電方式も研究段階に入っており、たとえば太陽光のエネルギーだけで電力をまかなうソーラー充電や自家発電システムなど、これまでのiPhoneでは実現できなかった画期的な充電スタイルが次々と提案されています。こうしたアイディアのなかにはすでに実用化まで秒読みと言われるものもあり、さすがにiPhone8では難しいかもしれませんがiPhone10あたりにはすべてのユーザーが当たり前に使っている時代がくるのではと期待されています。未来型の充電方式にいち早く対応するためにも、iPhone8で便利なUSB充電に慣れておきましょう。

過去シリーズまでの動向を見るかぎり、iPhone8でのUSB充電対応はほぼ間違いなく実現されると考えて良いでしょう。PCに接続して充電する場合、必ずアダプターを経由して電力をとるようにし、PC本体の電力は使わないようにしましょう。充電器の出力にも注意が必要で、iPhone8の場合通常充電なら0.9A、急速充電なら1.8A以上は必要です。USB充電器などのアクセサリーを購入する場合は必ずアンペア表示をよく確認するようにしましょう。機器によってはミリアンペア単位で表記されている場合があるため初心者のうちは注意が必要です。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ