iPhone8発売に合わせて下取りキャンペーンは各社やる?

9月中旬の正式リリースが濃厚となったiPhone8.買い替えにあたって、古い機種の下取り状況が気になるところです。iPhone8に乗り換える特典として、これまで使っていたiPhone端末を高い価格で引き取ってもらえるのでしょうか。iPhoneユーザーにとってうれしい情報をまとめました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ベテランユーザー必見!高く売れるiPhoneシリーズの特徴は?

iPhoneの下取り価格を左右する要素としては、汎用性、使用状態、デザイン性が挙げられます。汎用性とはいわゆる使いやすさのことで、時代の流行に左右されない機能が充実していてなおかつデザイン性にすぐれたiPhoneは自然と下取り価格も高くなります。古くなったiPhoneをショップに持ち込む前にまず、端末をクリーンアップしておきましょう。水濡れや画面割れだけでなく、ほこりやキズで端末が劣化していないかを事前に確認しておきましょう。表面の汚れを軽く拭き取るだけでも下取り価格が劇的に変わる場合があります。スタイリッシュさが売りのiPhoneは実用的なのはもちろんのことコレクターからの人気も高く、とくにオシャレで状態の良い端末はマニアの間では高価で取引されているようです。

本音インタビュー!iPhoneはいくらで売れれば満足?

AppleはiPhone8のリリースにともなって、iPhone6以降のシリーズを最大260ドル(約29000円)相当のクレジットポイントと交換するキャンペーンを実施すると発表しています。日本国内でもさまざまなかたちで下取りキャンペーンが予定されており、iPhone8への乗り換えを促しています。ユーザー心理としてはやはり、長く愛用したiPhoneが高く売れたほうがうれしいですよね。使用年数や状態にもよりますが、一般的には購入価格の3割程度で売れればユーザーは満足するようで、実際のところ下取り価格にはあまりこだわってはいないようです。また、新機種を購入しても古い端末を売らずに記念として保管しておく場合もあり、機能が劣化していない場合はアラームやメモ帳として使うこともめずらしくはないようです。Appleが思っている以上に、iPhoneはユーザーにとって想い出の品なのかもしれませんね。

iPhoneの下取りキャンペーンはこれからが本番です。愛用の端末を少しでも高く売りたいのであれば、日頃からiPhoneをこまめにクリーンアップし、大切に使ってあげましょう。売らずにずっととっておきたいユーザーもいるかもしれませんが、ここまで大がかりな下取りキャンペーンはめったにないことなので、このチャンスを無駄にせずに大切なiPhoneをお金に換えるのもひとつの方法です。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ