iPhone8はこれまでのiPhoneよりも格段に厚さが違う?!

iPhoneにかぎらず携帯端末の新モデルが発表されると、真っ先に厚さやサイズ、重さが注目されるものです。果たして、iPhone8では本体の大きさや厚さはどの程度大胆にモデルチェンジされるのでしょうか。iPhone7以降の流れを引き継いで大画面化路線を突き進むのか、はたまた原点回帰をして薄型路線に戻るのか。事前情報から細かく推測してみましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

これまで以上の大画面に?iPhone8では7ミリ超え確実!

iPhone8の本体サイズについて予測するなら、過去シリーズのデータから類推するのが近道です。直近のiPhone7では高さ138.3ミリ、幅67.1ミリ、厚さ7.1ミリ、重量138グラムとなっています。一方のiPhone8では、高さ143.59ミリ、幅70.94ミリ、厚さ7.57ミリになるのではとの予測が飛び交っています。重量だけは未だ非公開ですが、高さ、厚さともにiPhone7を超えるとなると当然重さのほうもそれなりに増えるだろうと推察できます。まだ予測値の段階ではありますが、発売間近の設計データがリークされたことと考え合わせると、きわめて信憑性のあるデータなのではないかと見られています。

iPhoneシリーズが大画面化に舵を切った理由

iPhoneシリーズは当初、どの携帯端末よりも薄型でポケットにおさまりやすいデザインをコンセプトにつくられていました。シンプルで使いやすいiPhoneが発案者のスティーブ・ジョブズ氏の理想だったわけですが、ここにきてそのコンセプトから脱却し、一転して大画面化路線へと舵を切ろうとしています。iPhone8でも厚さの予測値が約7.5ミリと原点回帰を見せる様子はなく、むしろそれ以上厚くなるのではというデータがあるほどです。Appleはなぜ、発案者の強いこだわりでもあった軽量化路線を大胆に見直し、画面サイズをさらに大きくしようとしているのでしょうか。iPhone以外の端末を見てみると、ここ数年は軽量でありながら画面の大きいモデルがひとつのトレンドとなっています。端末で動画やテレビを長時間楽しむユーザーが増えたことがその背景にあると言われ、iPhoneシリーズも遅ればせながらその流れに参入してきたと考えられています。予測値が真実であれば、iPhone8は過去シリーズ以上にクリアで見やすい画面になると考えられ、高画質の動画を存分に楽しめるようになると期待することができそうです。

予測値をそのまま信じるとすると、iPhone8では史上最高の厚さになる可能性が出てきました。ホームボタンを廃止したフルフラットの液晶画面になるとも予想されており、それらのデータを照らし合わせるとiPhone8でもこれまで以上に動画やテレビを思う存分楽しめると考えられます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ