iPhone8より画面は大きく本体は小さいiPhoneX

同時リリースが予定されているiPhone8と比較しても、iPhoneXの背面および画面サイズは大型化しています。しかしながら、画面サイズに合わせて本体そのものが大きくなっているわけではなく、むしろ端末サイズとしてはこれまでのiPhoneシリーズよりも幾分スリムになっているとの評価もあります。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneXの大画面化をささえるヘゼルレスデザイン

iPhoneXにおけるわかりやすい注目ポイントといえば、何といってもヘゼルレスデザインではないでしょうか。従来ならディスプレイを保護していた外枠を取り払うことにより画面を見た目以上に大きく感じさせることができ、3Dゲームなどがよりいっそう臨場感たっぷりに楽しめるようになっています。ヘゼルレスデザインの大きなメリットは、デザイン性と機能性を無理なく両立させられるという点です。端末背面を物理的に大きくしなくてもディスプレイを広く使えるため、Appleが何よりもきらう重量化路線の道を歩まずして大画面化のメリットを享受したとも言えます。衝撃を受けやすい本体背面には耐久性にすぐれた強化ガラスを使用し、コンクリートに落としても機能が維持されるように考えられています。

ホームボタンがなくなった有機ELディスプレイ、本当に使いやすい?

ヘゼルレスデザインと連動して注目されているのが、ホームボタンを廃止したフルフラットの有機ELディスプレイです。ホームボタンをなくすことでディスプレイをさらに広く使えるというねらいがありましたが、肝心の操作性のほうはきちんと担保されているのでしょうか。iPhoneXでは単純なスワイプ操作だけでホーム画面を表示させることができるため、いちいちホームボタンを押す必要があったiPhone7よりもはるかに操作性が向上していると考えられます。iPhoneXから本格導入された顔認証については、懸念されていたセキュリティの問題は今のところクリアされており、認証精度そのものも実用レベルに充分達しているため、iPhoneビギナーにもとっつきやすい設計になっていると評価されています。

スタイリッシュなヘゼルレスデザインとフルフラットの有機ELディスプレイによって、iPhoneXの大画面化は実現されています。かねてからの懸念事項であった端末背面の強度問題についても、高性能の強化ガラスと湾曲型ボディによって実用化に問題のないレベルまで到達しており、「壊れにくく使いやすい」モデルになっていると言えます。新機能も充実し、iPhoneXのリリースについてはまさに「機が熟した」という表現があてはまりそうです。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ