今年発売予定のiPhone8の画面サイズは5.8インチに4mmベゼル?

今年発売予定のiPhone8のリーク情報が再び更新されました。画面サイズは5.8インチベゼル幅がわずか4mmという、これまでにない大画面を楽しめそうです。今年発売予定のiPhone8のリーク情報が再び更新されました。画面サイズは5.8インチベゼル幅がわずか4mmという、これまでにない大画面を楽しめそうです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8の画面に関しての情報まとめiPhone8の画面に関しての情報まとめ

これまでにもiPhone8の全体図や構造に関してのリーク情報も含めて、様々な憶測が飛び交いました。デスプレイそのものは5.8インチとこれまでの情報通りですが、縁ギリギリまでの大画面となりしかも裏表全ボディが二重の強化ガラスで覆われ、これまでの金属板ボディとは大きく違ってきます。有機El搭載によりバックライトが不要になった分だけ、薄型化および軽量化がしやすくなった事を受けて、ベゼル幅がわずか4mmしかも2.5dラウンドエッジ加工されていますから、落とした時の衝撃を抑制できる事に加えて握りやすさや、見た目の美しさと共に優しいイメージも感じさせるものになっています。これで落とした時に壊れやすいのでは?との懸念が解消された形になります。ベゼル4mmとはなっていても形状から考えて実質は2mm程度になりほとんどベゼルはないに等しい外観になります。二重ガラスの間に挟まれるようにステンレス製フレームがつきますから、裏背面はやはりガラス張りですが、iPhone7から引き続きデュアルカメラが搭載される形にはなりますが縦型に変わり、間に赤外線ライトがつきますからAR画像やバーチャル画像を表示ができやすくなります。一部の情報では全画面鏡面になるのではと言われています。

超薄型の側面に搭載される機能

2.5Dラウンドエッジ加工および4mmのベゼルとなった場合の側面に搭載される機能ですが、イヤホンジャックが削除される代わりに若干拡張された電源ボタンにステレオ式スピーカーがつくのでは?などの情報が流れています。全画面デスプレイになった場合ホームボタンはすべてデスプレイに埋め込まれてバーチャル化するとの見解も、まったく変更されていません。指紋認証機能が無くなるのではといった見方は消滅し、光化学タッチボタンになるのではないかという案や、背面に配置されるのではないかといった案など様々憶測が飛びましたが確かな事はわかっていません。電源ボタンが拡大された事とつなげて考える案もあり、完全撤廃されたと考えるのは早計でしょう。

表面に配置されるバーチャルボタン

リーク画像として流れてきた情報によるとデスプレイ丈夫にバーチャルボタンの大部分が配置され、エッジ部分にフェイスカメラやマイクおよび3Dセンサーが搭載される可能性が大きくなりました。下部に光化学タッチボタンすなわち指紋認証機能コンテンツが配置される可能性もありますが、未だ指紋認証関連や3Dセンサー関連の技術開発が難航しているとの情報がありますから、発売日が遅れるかもしれないという予測は消えていません。

iPhone8の画面に関するこれが最終決定かと思える情報が流れてはきていますが、まだ不透明な部分も残されており今後も見守る必要があります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ