iPhone8になって解像度は、どれだけ高くなったのか

画面内でほぼすべてが完結されるスマートフォンにおいて、解像度はとても重要です。使用感や映像美に大きく影響するため、高解像度を求めるユーザーは少なくありません。そんな中、iPhoneの次期モデルとして期待される「iPhone8」は、どのような解像度が予測されているのでしょうか。その他にも多くの新機能が取りざたされるモデルなだけに、気になるところです。広く挙げられている予測について、ピックアップしました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ずばりどれくらいの解像度?

まず具体的な数字についてですが、ピクセル密度が521ppi、画面解像度2,436×1,125であると予測されています。といっても、ITに詳しい人やスマートフォンユーザーのこだわり派などでなければ、この数字がどういった仕様を表すのかピンときにくいかもしれません。ですが、以前までの機種におけるスペックと比べれば、一目瞭然です。

iPhone7とiPhone8における解像度スペックの比較

まず結論からいって、iPhone8の解像度は高スペックが期待できます。すでにスマートフォン市場の一線で人気を博すiPhoneなだけに、いずれの機種も時代時代の先端的スペックを誇るのが定番的です。もちろん、前機種であるiPhone7世代についても変わりありません。ですがそんなひとつだけ前の機種である7でさえ、ピクセル密度320ppi、画面解像度1,334×750であったときけば、今回のiPhone8における画面がどれだけ高解像度であるかがイメージできることでしょう。

画面サイズと合わさりインパクト大

高解像度だけでも、大きなインパクトが感じられることでしょう。スマートフォンは大半の部分を画面で構成しているわけですから、ほとんどの領域で高解像度が表現されるわけです。始めて手にしたときの感動は、かなりのものでしょう。ですがiPhone8については、それ以上の期待すら抱けます。なぜなら、ホームボタン廃止もまた新機能のひとつとして噂されているためです。つまり、これまでボタンが占領していた領域までもが画面になるというわけです。実際には「ファンクションエリア」として有効エリアにはならないといわれていますが、それでもいインパクトを後押しする要素に他なりません。

iPhone8の画面スペックは、ピクセル密度が521ppi、画面解像度2,436×1,125といわれています。これはスマートフォン全体におけるが目スペックはもちろん、常に高機能デバイスとして一線を走ってきたiPhone前世代と比べても画期的な数字になっています。本当に実現されれば、手にした瞬間大きなインパクトを受けるに違いありません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ