iPhone8はさらに頭がよくなる?予測変換機能の噂

iPhoneなどの携帯端末で絶対に行う必要があるのが文字入力です。どのような人でもこの文字入力は行ったことがあるでしょう。その時に使う機能の一つが予測変換です。この予測変換はその機種の頭の良さを表すパラメータの一つともいわれており、注目度が意外と高いといわれております。果たして、iPhone8の予測変換はどうなるのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

使い方によっては大変なことになる予測変換

iPhoneの予測変換機能には学習能力があります。この学習能力は使用頻度によって如実に表れるようになるでしょう。ユーザーがどのような言葉を用いているのか、使用頻度はどうなっているのかを理解して、入力すればするほど、よく使う言葉を予測変換機能として用意するようになるのです。しかし、この機能のせいでいろいろと厄介なことになってしまう人もいます。
例えば、実は人に隠れてちょっとした趣味がある人、それらの知られたくない趣味を持っている人達は要注意です。その人やキャラクターのことを頻繁に検索している場合は、その情報をiPhone側が理解しているので一文字目が出てきたときにすぐに予測変換で出てくるようになります。人前で文字入力をしているときにこの情報を盛られると非常に恥ずかしい思いをすることになるでしょう。人によってはこれが嫌で予測変換の学習履歴をリセットする人もいます。

iPhone8の予測変換はどうなる

予測変換機能は便利なものではありますが、ちょっとした不幸を生む可能性があるので、その部分をどうにかすることができれば大きいでしょう。ただし、感情をiPhone側が読み取るのは大変だと思いますので、それらの仕組みを作るのはきついと思います。
そのため、搭載がうわさされており望まれているのが、誤変換を繰り返したときにiPhone側もそれが正しいと思い込んで予測変換がおかしくなってしまう状態をなくすことです。学習がうまくいっているのなら問題ないのですが、誤った使い方をし続けるとそれでOKと判断されてしまうので、ミスが永遠と続き表示がおかしくなるでしょう。このミスに気が付いて予測変換に出さない機能がiPhone8には求められております。

予測変換機能は便利ではあるのですが、誤った文字の使い方をし続けるとそれを理解して推奨するようになってしまいますので、本人の語彙力が大きく影響を与えるのです。この正しい語彙力というのはなかなかに難しいので、機械の力を使って引っ張っていってもらえるようになるとユーザーはうれしいでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ