iPhone8の液晶が凄い!新技術満載な有機ELディスプレイとは

iPhone8では多くの大胆なモデルチェンジが盛り込まれる見通しですが、なかでもいちだんと注目度が高い技術と言えば有機ELディスプレイではないでしょうか。そもそも有機ELとは何なのでしょうか。iPhone8に有機ELディスプレイが採用されることによってどのようなメリットがあるのでしょうか。リーク情報をもとに探ってみました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

有機ELのそもそもの仕組みと役割

有機ELのELとは「エレクトロ・ルミネッセンス」の略で、世界標準ではOLEDともよばれています。その仕組みを簡単に言えば、素子のかたちにした有機化合物にエネルギーをくわえることによって素子そのものを発光させ、その集合体によっていろいろな画像を表現するというイメージになります。現在主流になっている液晶による発光方式の仕組みは有機ELとは違い、液晶パネルによって作り出した映像を光源となるバックライトによって映し出すというもので、画像の鮮明さはそれほど変わりませんが、構造上どうしてもバックライトの光がもれてしまうという弱点がありました。有機ELではひとつひとつの素子そのものが光源となって発光するためバックライトが不要となり、端末の軽量化につながるというメリットがあります。LEDもよく似た仕組みをもっていますが、発光の素材として特殊な金属を使わなくてはならず、生産コストがかかるというデメリットが指摘されています。その点、有機化合物を発光体として使用できる有機ELであれば材料が豊富に供給されるので安価で生産でき、高い耐久性が実現できます。有機ELディスプレイは今後、携帯端末にも当たり前に採用されると見られており、その意味でもiPhone8の試みは先進的であると評価できます。

iPhone8が有機ELディスプレイを採用する背景

有機ELディスプレイの正式搭載が確実と見られているiPhone8。ここにきて有機EL採用に踏み切った背景には、ユーザーの利便性を向上させるという目的もありつつ、その一方で既存のiPhoneイメージを覆したい、という思惑もあるように感じられます。おサイフケータイへの完全対応などはあるものの、iPhoneの新モデルはここ数年マイナーチェンジに終始している印象があり、このあたりで大幅なイメージチェンジがもとめられる時期にきていました。そんな状況にあって、本体の見た目をがらりと変えられる有機ELディスプレイはiPhoneにとって一種の起爆剤であり、「進化するiPhone」をユーザーに強く印象づける戦略としても効果があると見られています。

本体側面に湾曲するデザインの有機ELディスプレイは画面をより広く使えるという効果があり、ハイスペックな3Dゲームなどがより鮮明に楽しめるようになると言われています。生産コストの面でも利点の大きい有機ELディスプレイは今後、携帯端末ディスプレイの標準装備として定着することが確実視されています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ