移行はどうなる?iPhone8の機種変更、データ移行法予想

新しい機種を購入した場合に気になるのがデータ移行です。電話帳などの内容は当たり前ですが、それ以外にもブックマークに登録した情報や遊んだアプリのセーブデータ、写真や動画などのデータなど必要なものは多いと思います。そこで、今回は新型iPhone8にデータ移行する方法についてまとめていきたいと思います。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneのデータ移行のやり方について

iPhoneのデータ移行のやり方はある程度決まっているので、iPhone8になって大幅な変更となることはないでしょう。むしろ変更があって、今までのやり方ができなくなった場合は、いろいろなトラブルとなりかねないので、実行する確率は限りなく0に近いと思います。そこで、今までのやり方をいくつか紹介していきますので参考にしてください。この部分を把握すれば問題はないでしょう。
具体的なやり方として最も推奨されているのがiTunesによるバックアップと復元でデータを移行させるというやり方です。これが最も一般的であり、一番簡単だといわれているやり方となっております。iPhoneを使っている人の中にはiTunesを全く使わない人もいますが、そのような人でもバックアップ用にダウンロードしておいてください。
その手順はiTunesを開く⇒最新のバージョンにする⇒PCと現在使っているiPhoneをつなぐ⇒端末アイコンをクリック⇒バックアップのオプションで暗号化にチェックを入れる⇒iCloudの空きに余裕があるならそちら、ないならパソコンにバックアップする⇒パスワードを設定する⇒終了という流れです。こののちは新しいiPhoneにiTunes経由の復元を行うことになります。

iPhoneのデータ移行は他にもやり方はある

先ほど紹介したのがiPhoneでのデータ移行の基本的なやり方です。iPhone8でも間違いなく一般的な方法となるでしょう。パソコンがあればパソコンにデータ保存をすることになるでしょうが、ない人は別の方法を選択することになります。それはiCloudを使ってのでたー移行です。このやり方には欠点もあります。
もともとこのiCloudには容量限界があるので、無料では5GBまでしか使えません。これを超える要領になると追加購入する必要があります。写真や動画などが非常に重いデータとなるので、それらは別の方法で保存することになるでしょう。

iPhoneのデータ移行は慣れている人なら問題ないでしょうが、そこまでやったことがないという人は周りにいる慣れている人に一度教えてもらったほうがいいと思います。パソコンもほとんど触ったことがないという人やネット検索やLINE程度にしか使わない慣れていない人も同様です。パソコンやiPhoneに慣れている人の手を借りましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ