iPhone8では、Touch IDが背面に。

多くのユーザーが気になるiPhone8について、様々な情報や憶測が飛び交っています。そんな中でも新しいiPhoneでは、Touch IDが背面に付くのでは、という噂が出てきました。その信ぴょう性は?今までに出た情報を元に予想していきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

リークされた図面

2017年、iPhone8のものと見られる背面図面がリークされました。この図面によると、今までのタイプ同様背面にあしらわれたアップルのロゴの下あたり、背面の中央付近にTouch ID用と思われる穴が開いています。この図面がリークされる以前、iPhoneの製作に関わる工場から流出したと言われる設計図でも、背面にTouch IDが付いていたということで、やっぱり8では背面に搭載されるのではという噂が広まっているのです。しかしこの背面図面は出所がはっきりとしておらず、あくまでも噂の域を出ていません。また背面に付けてしまうと他社のスマホとデザインが似通ってしまうため、それは絶対にないのではという意見も出ています。

前面埋め込みの噂もあり

背面に付くという噂と同じくらい囁かれているのが、前面のディスプレイに埋め込まれるという説です。iPhone8では今まで前面下部についていたホームボタンを廃止し、ディスプレイ内臓になるという話もあるため、Touch IDも併せて内蔵されるのではないか?と想像されています。数年前にアップル社が取得した特許技術を使えば、内蔵することも可能であると言われていますが、さすがに技術開発から数年で新しいモデルに採用することは難しいだろうという見方もあるようです。今後どのような発展があるのか楽しみですね。

背面に搭載された画像から考える

図面がリークされたばかりではなく、iPhone8と思われる機体が移された写真も流出しました。その写真を見る限り、色は3色、リークされた図面とほぼ同じデザインで、アップルのロゴ下にくぼみのようなものがあることが分かります。ソースの確実性はないものの、このように複数の実しやかな情報が出ていることから、やっぱり本当は背面に搭載されるんじゃないかと予想されているのです。

流出したデザインのものがどの段階のものなのか、また本当なのかも不明ですが、まるで事実のように噂されています。もちろん今回の内容も予想の域を超えません。実際はTouch IDがどこに付くのか、iPhone8の販売を楽しみに待ちましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ