フリキシビリティディスプレイで画面が伸びるiPhone8

数あるスマートフォンの中でもiPhoneの強みの一つとして挙げられるのがタッチパネル技術です。そのなかで今後発売されるiPhone8においては、全く新しい技術のフリキシビリティディスプレイが採用される見込みです。フリキシビリティディスプレイとはどのようなものか知っておきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8で採用されるフリキシビリティディスプレイとは?

従来のiPhoneのディスプレイには、インジシウムスズ酸化物ガラスというガラスが使われています。しかしながら、2017年のApple社が開発した新技術では、そのインジシウムスズ酸化物ガラスの代わりにシルバーナノワイヤーをディスプレイに使っています。シルバーナノワイヤーとは、銀の微細な繊維のことであり、その柔軟性に注目が集まっています。シルバーナノワイヤーを使うことでより強くて美しいiPhoneを作り出すことができ、これは、さまざまな新技術が搭載される近未来型のスマートフォンであるiPhone8にふさわしい技術なのです。

フリキシビリティディスプレイのメリットは?

フリキシビリティディスプレイは、シルバーナノワイヤーという銀の極細な繊維を使っていますので、柔軟性があります。そのため破損しにくいというのがまず第一のメリットです。特にiPhone8については、ボディをスタイリッシュにしたりワイヤレス充電など機能を向上させる目的で前面ガラスが使われると予想しています。ガラスが使われると落下時の破損が心配なユーザーであっても、これなら安心です。それだけでなく、製品の自由度も格段に広がります。

フリキシビリティディスプレイでどんな端末が可能に?

実は、iPhone8に採用されると言われているフリキシビリティディスプレイは、現在のiPhoneの常識を覆す画期的なスマホ画面になることは間違いないでしょう。例えば画面が伸びるようになったり、好きなように折り曲げて使用することができるようになることです。これがiPhone8で実現するかはわかりませんが、実現すれば丸められるiPhoneなども製品として可能になってきます。

iPhone8にはフリキシビリティディスプレイが採用されると言われています。シルバーナノワイヤーという銀の微細な繊維が使用されているため、破損に強いのはもちろんのこと、デザイン性も格段に上がります。画面を曲げたり伸ばしたりということも簡単にできるようになります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ