【スペック詳細】iPhone8の気になる解像度はコチラ

iPhone8が発売されるのを今か今かと待ち構えているiPhoneユーザーは大勢おられると思います。いろいろな情報が錯綜していますが、iPhone8の解像度にも注目が集まっていますね。解像度が高ければより鮮明な画像で利用できますし、注目しないわけにはいきません。そこで、ここではiPhone8の解像度について予想していきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

解像度が高くなると予想

正直なところ、iPhone8に関する情報はまだまだ少ないですし、今後いろいろな情報が出てくると思いますからそれを待たなくてはなりません。解像度についての情報もほとんどありませんが、恐らくかなり高い解像度となるのではないかと予想できます。先代モデルとなるiPhone7もディスプレイのピクセル密度は320ppiとなっていますし、画面解像度は1334×750となっています。そのため、最新型のiPhone8となるとそれと同等、もしくはそれ以上の解像度になるのではないかと予想されているのです。

ファンクションエリアについて

iPhone8では縦長の画面になると言われていますし、普段使いする上でかなり便利になるのではないかと言われています。iPhoneを使うときには縦向きで使用することが多いですし、縦長になるのは嬉しいですよね。ファンクションエリアですが、これは現行モデルであるiPhone7のドックとほとんど同じ程度になるのではないかと言われています。290ピクセルくらいの高さになると予想されていますが、まだはっきりしたことは分かりません。

解像度についても続報に期待

iPhone8は大幅なアップデートになると予想されていますし、さまざまな部分でiPhone7を凌駕すると言われています。解像度もアップしそうですし、ユーザーにとっては嬉しいポイントでしょう。今はまだ情報が錯そうしている状態ですしはっきりしたことは何も言えないのですが、解像度が今までより高くなることは期待できます。はっきりしたことは今後の続報を待ってみないことには分かりませんが、iPhone7を凌駕するほどの新機種ですから解像度にもかなりの期待が寄せられますね。

iPhone8の解像度が気になるところですが、ディスプレイの密度は521、有効エリアにおける解像度は2436×1125になるという最新情報もあります。ただ、この情報が正式なものかどうかははっきりとわかっていません。もし本当ならかなり凄いことですよね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ