次期iPhone8は背面をも使いこなす

iPhoneシリーズの背面といえば、apple社のロゴマークであるりんごの形がデザインされていることが印象的ではないでしょうか?あとはカメラのレンズがついていることは他のスマートフォンでも同じようなデザインになっています。

これまでのiPhoneであれば機能はそのくらいでしたが、今回発売されるiPhone8の背面にはさらなる機能が追加されるとウワサされています。それはいったいどんな機能でしょうか?それではiPhone81の背面機能に関する情報をご紹介します。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

Touch IDが背面に搭載?

「Touch ID」とはiPhoneシリーズに搭載されている指紋認証センサーのことですが、iPhone8にも搭載が予定されているようです。これまではディスプレイのある前面に配置されていたTouch IDですが今回は背面に配置されるのではないか?というウワサが出てきています。

さらに詳しい場所については、apple社のロゴマークのりんごの下辺りではないかといわれています。これは流出したiPhone8の図面による情報らしいので、かなり有力と思ってよいのかもしれません。

実は今までと変わらない?

Touch IDが背面に配置されるウワサが広まっていますが、大量生産が始まっているらしいiPhone8のケースからすると背面は今までどおりの機能しかない可能性も考えられます。なぜならそのケースたちには、ロゴマークしたの穴の開いていた部分に穴がないためです。どうやらデュアルカメラの穴だけで背面を他の機能に利用されることはなさそうでしょう。

ちなみに、Touch IDが背面に配置されないとなれば、iPhone8の金型や図面、appleの取得済み特許などから考えて前面のディスプレイに埋め込まれる説が有力そうです。

次回発売されるiPhone8の背面の使い方についてまとめると、背面に配置されるかもしれない機能はデュアルカメラとTouch IDでしょう。こう予測されている根拠には工場から流出したらしい設計図や情報に詳しい人物による図面の投稿などでは背面にあるロゴマークにの下に丸く穴の開いた部分が存在していたことがありました。

しかし、現在大量生産が始められているiPhone8の保護ケースの形状からすると背面にはカメラの穴以外見当たらないことから、背面は今までどおりデュアルカメラの機能だけが搭載されることになりそうと予測されます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ