iPhone8の性能がUPしたデュアルカメラは縦配列?!

iphone8が発売されるという噂がありますが、こちらのiphone8には、さまざまな機能が搭載されると話題になっています。

その中の一つがデュアルカメラです。

こちらのデュアルカメラは、「iPhone 8」のものとされていて、縦幅が149.501mm、横幅が72.497mmという風に書かれていて従来までのカメラのように、横並びではなく縦並びになっているとされています。そこで、このカメラについて詳しく見ていきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

デュアルカメラって何?

こちらのiphone8に搭載されるという噂が流れている、デュアルカメラとはどういったカメラでしょうか。

まず、デュアルカメラで撮影した写真は、とても鮮明で滑らかなのが特徴となっています。通常のカメラで撮影した写真よりも、とてもきれいであり、さらに通常のカメラよりも、コストがかからず製造をすることができるというメリットがあります。

また、デュアルカメラの最大の特徴として、距離の認識ができるということから、3D写真の撮影も可能であるという特徴があります。異なる角度から撮影することで、このように立体的な写真を撮影することができます。

デュアルカメラの仕組み

iphoneに搭載されると言われている、デュアルカメラは、どのような仕組みとなっているのでしょうか。

デュアルカメラの仕組みですが、複数の絞りによって、撮影された写真を合成します。

そうすることで、鮮明な画像を撮影することができるといえるでしょう。

さらに、薄暗い場所で撮影された写真の場合、解像度が向上し、非常に解像度の高い写真で鮮明に写るというメリットがあります。

カメラを複数組み合わせて撮った写真の方が、単体のカメラよりも、画像が鮮明になります。このような仕組みによって、デュアルカメラは製造されているのです。

iPhone8のデュアルカメラはどう違う?!

iPhone8のデュアルカメラはどう違うのでしょうか。iPhone8のデュアルカメラですが、従来までの機種とは違い、横並びではなく、レンズが縦並びになるとされています。

さらに、iphone8として発売されると予測されている、3モデルのすべてが、4K動画の撮影可能となっているとされています。

また、縦並びのレンズは、両レンズともに、1,600万画素ものデュアルカメラが搭載されると予測されていて、非常に鮮明な画像を撮影することができるといえるでしょう。またカメラの出っ張りなどもなく、表面がスムーズになり、持ちやすくなるという風に予測されています。

いかがでしたでしょうか。iphone8に搭載されるデュアルカメラですが、鮮明な画像で、さらに、立体的な3D動画も撮影が可能であると予測されています。

また、3モデルすべてにおいて、4K動画も撮影が可能ではないかと予測されています。

従来までのモデル以上に、鮮明で滑らかな画像を撮影することができるため、カメラにこだわりたいという方には、かなり期待できるといえるでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ