次期iPhone8には次世代ディスプレイが搭載予定

iPhone8は今までのiPhoneの形をガラッと変えてしまうことが予測されており、ディスプレイもそのひとつで次世代ディスプレイになるといわれています。その次世代ディスプレイ搭載により、今までの硬くまっすぐの形状が当たり前のスマホとは違ったタイプになりそうです。そこで、次期発売になるであろうiPhone8の次世代ディスプレイについてのウワサをご紹介します。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

有機ELディスプレイを採用?

有機ELとは「有機エレクトロ・ルミネッセンス」の略で、特定の化合物に電圧をかけた時光る現象のことをさしています。海外ではOLEDと表現されることもありますが、スマホなどのディスプレイの場合は同じものをさしています。

そしてiPhone8に有機ELディスプレイが搭載されることについては、apple社が部品メーカーにその旨を伝えたとの情報があり、かなり有力になっています。さらに、関連のあるメーカーが需要に備えて生産の準備をしているとの情報もあるため、ますます真実味を帯びてきているでしょう。

ちなみに有機ELディスプレイには液晶よりも発色が良い・省電力性に優れている・見やすい・応答速度アップ・より薄型にできるといったメリットがたくさんあることも魅力です。

曲がるガラスのディスプレイ?

現在のスマホでは表面の硬いディスプレイが当たり前になっており、落とした衝撃でディスプレイに大きなヒビが入ってしまったという経験がある人も少なくないでしょう。でもiPhone8に搭載される可能性が高い曲面ディスプレイはぐにゃっと曲げられるガラスのディスプレイになるようです。しかも少しだけ曲げられる程度ではなく筒状に丸めることもできるのでは?とまで言われている柔軟性の高そうな素材が使われるようです。

ガラスというと硬い窓ガラスのような形状を思い浮かべがちなので、イメージしづらいかもしれません。実際に曲がるガラスのディスプレイが採用されたとしたらiPhone8でどのような性質か確かめてみてください。

すっかり今までのスマートフォンの常識をくつがえすことになりそうな、iPhone8の次世代ディスプレイは有機ELディスプレイで曲げられるガラス素材となっている説が有力なようです。さらに見やすい画面になって、落としてもヒビが入りにくそうな構造といった、これまでのiPhoneの弱点とも呼べる部分をすっかり改善してくれそうなディスプレイには期待が高まります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ