【縦長?!】iPhone8はこれまでの機種より長くなる?!

iPhone8の大きさについてはiPhone7と変わらないという見方も強いですが、大きさとしてはやや縦型になるとされています。iPhone8が縦に長くなるとどのようなメリットがあるのかということも含めてみておくとよいでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8、画面はどのくらい縦型になるの?

iPhone8についてはさまざまな情報が世に出ています。iPhone8の画面については、ホームボタンを廃止し全画面ディスプレイが採用されるなど、従来のiPhoneと刷新されることが話題になっています。画面の大きさはあまり変わらないのですが、インチ数が大きくなり、5.8インチを実現することが話題です。縦横の長さの比としては、iPhone7が16:9に対し、iPhone8では18.5:9になると思われています。iPhone8のほうがiPhone7よりやや縦型になるという情報は本当のようです。

iPhone8の画面が縦長になるにはどんなメリットがあるの?

iPhone8の画面が縦長になる一番のメリットとしては表示されるエリアが増えるので、Twitterやsafariなど、下にスクロールして情報を見るアプリでは一ページで様々な情報を見ることができ便利でしょう。さらには、大画面を楽しんで行うゲームなどでも臨場感あふれるプレイを楽しむことができます。望遠レンズも搭載していますので、風景写真や動画もダイナミックに撮影できます。

iPhone8の画面が縦長になるにはデメリットも

従来ではiPhoneで縦長の画面の機種も販売されたことがありましたが、そこまで好評ではありませんでした。iPhoneの縦横の比率が改善され縦が長くなることに対し、メリットだけでなくデメリットもあるからです。一番のデメリットは画面の端に指が届きにくく、片手で操作しにくいことです。しかしながら、iPhoneには簡易アクセスという機能がありますので、画面の下半分のみを使い片手で操作することもできます。また、非対応アプリなどはバージョンアップする必要がありますが、対応していないところは黒く表示するだけですので、さほどデメリットはありません。

iPhone8ではホームボタンを廃止し全画面ディスプレイが採用されます。そこで、縦横の比が変更され、やや縦長の機種になります。そのため、下にスクロールしなくてもたくさんの情報が表示される、大画面でゲームなどを楽しめるといったメリットが考えられます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ