iPhone8折り畳みへの原点回帰説

実は、スマートフォンが世に出てから折り畳み式のものは見られませんでした。いわゆるガラケーと言われている従来式携帯電話であれば、折り畳み式も少なくなかったです。ですが、今後発売が予定されているiPhone8には、折り畳み式のiPhoneができるのでは?と思われています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneが折り畳み式になる?こんな理由

スマートフォンについては、iPhoneに限らず、スタイリッシュなデザインで一画面がそのまま使える、すなわち折り畳みを開かずに開いてパッと使える機種が一般的でした。しかしながら一方で、ユーザーとしては折り畳み式、すなわち手帳式のiPhoneケースが絶大な人気を誇っています。そのため、ユーザーにとっては折り畳みを開くという動作はスマホを選ぶ障壁とはならないことがわかります。むしろ折り畳み式のほうが人気があるのでは?とさえ思えるのです。

iPhone8が折り畳み式となるとこんな良い理由

iPhoneは画面の大型化を実現し続けており、使いやすさも向上しています。しかしながら女性など手が小さな人にとっては手で持って使いにくい人もいます。さらに、iPhoneを落として画面が割れるというリスクもありますが、折りたたみ式ですとそのリスクも少なくなります。Apple社は折り畳み式の特許を取っているともいわれていますので、その実現が期待されています。折り畳み式のiPhone8では、おそらく曲線のカーブを描いたデザインになるのでは?ともいわれています。より手にフィットしますので、使いやすいでしょう。

iPhone8で実現する特殊なキーボードって?

折り畳み式のiPhoneだからこそできる機能、その機能の一つとしてレーザーキーボードが挙げられます。これは、レーザーでキーが浮かび上がる、近未来型のBluetoothキーボードです。レーザーの力でキーボードが画面に浮かび上がるため、iPhoneをまるでパソコンのように使うことができます。これは、iPhone8に搭載される目玉機能であるのでは?と噂されています。この機能を実現するためには、より画面が横に広くとれる折り畳み式がふさわしいのです。

今後発売が予定されているiPhone8については、折り畳み式に原点回帰するのでは?と言われています。手帳型のケースが人気であることや、故障のリスクを低減すること、目玉機能であるレーザーキーボードが搭載されると言われているからです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ