【やっと?】iPhone8で実装が噂されるFelica周りの情報

今やおサイフケータイは当たり前のように使われていて、生活のほとんどを済ませてしまうくらい私たちの生活に浸透しています。その技術がついにiPhoneに実装される可能性が出てきました。今までのiPhoneは無駄なものをすべて省いたシンプルかつ使いやすい端末として販売されていますが、時代とともに変化してきています。おサイフケータイの大元であるFeliCaと次世代スマホのiPhone8について予想していきます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

Felicaとは?

皆さんはFeliCaというものをご存知でしょうか。日本の電子マネー決済のほとんどがこの技術によって支えられています。FeliCaとは日本独自のNFC技術で日本の有名企業が開発した非接触型ICの技術のことです。モバイルFeliCaチップがスマートフォンに埋め込まれていて読み込み及び書き込みを行うことができます。実際におサイフケータイが使えるスマートフォンに非接触型ICカードを近づけると履歴などを閲覧することができます。日本で多く採用されている理由は、他の非接触型ICと比べて処理速度が速いからです。実際に実験が行われどのICカードよりも処理速度が速かったそうです。海外ではほとんど利用されていない技術です。

Felicaが使えるとどんなメリットがある?

実際に私生活で皆さんも意識せずに使っていると思います。まず、現金を持ち歩く必要がなくなり財布が軽くなります。コンビニで昼食を買うときにスムーズに会計を済ますことができますし電車で切符を買う手間が省けます。おサイフケータイ機能のついた携帯を使えばFelicaを採用しているICを携帯一つで管理し使うことができます。複数FelicaのICカードを持ち歩いていると読み込み時にカードが重なっていてエラーを起こしてしまったりして困った経験はありませんか。おサイフケータイを使えば何枚も持ち歩いて使い分ける面倒がなくなります。スマホを使ったの電子クーポンなどを実店舗での会計時に適用するときなどにも使うことができます。

iPhone8で実装される可能性は高い?

iPhone8に搭載される可能性は非常に高いと思います。実際に同社が出したウェアラブルデバイスやスマートフォンに搭載され独自のサービスで利用されています。後継機であるiPhone8で搭載されない可能性のほうが低いと言えるでしょう。現代の生活に必要不可欠といって良いほど浸透しているFelica技術が搭載されないとなるとユーザ離れが懸念されます。そこまで重要化している技術を搭載しないはずがないと思います。Android端末には多く採用されてきたFelica ICチップですが、新型iphoneにも実装しさらに利用率を上げることを狙ってきているのかもしれません。

今とても注目されているiPhone8ですが、Felica ICチップが搭載される可能性は非常に高いと思います。現代のニーズに合わせた製品開発を行っていかなければならない現状で採用しないということは少ないと予想します。スマートフォン利用者の半数以上がiphone利用者の日本では次世代iPhoneにもFelicaが搭載されることを楽しみにしている人もそう少なくはないでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ