「iPhone8」

!!予約受付開始!!

ソフトバンク公式オンラインショップ
▶︎【公式】ソフトバンクオンラインショップは
こちら!!
新型iPhone背面画像、流出!!~iPhone6ベストセレクションランキング

発売日が近づくにつれてどんどんとリーク画像が流出していくiPhone
今回はまた新たに背面の画像が流出してきましたのでご紹介いたします。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

今度のiPhoneは軽くて強い!!

今度のiPhoneは軽くて強い!!流出した画像を見ると、それほど内部の形的にも変化はないように見えます。
しかし、それでは、iPhone6で起こった強度の問題がクリアできていない事になってしまいます。
という事はやはり、以前紹介した新素材が使われるのではないでしょうか!?
Apple Watchでも使われているアルミニウム7000シリーズ、これは前回のiPhone6に使用されたアルミニウム6000シリーズよりも強度が60%向上しているため、サイズはそのままに強度を上げる事が可能になります。

今回のiPhoneは手触りも一新?

今回のiPhoneは手触りも一新?さらに、流出した画像と一緒に、素材の手触りもリークされており、新しいiPhone6s Plusは従来のものよりも手触りがスムーズではないといった事なのだそうです。
Apple Watchを触ってみても特に手触りがスムーズではない印象などはうけないので、アルミニウム7000シリーズの特徴ではなく、今回意図的にそのように作ったのではないでしょうか?という事は、大きくなった事で、片手で持ちにくくなったといわれていたiPhone6 Plusでの弱点をカバーしたものなのではないだろうか?と推測できますね。

まだまだ捨て切れない素材、リキッドメタル

まだまだ捨て切れない素材、リキッドメタルリキッドメタル・・・聞き慣れない単語かもしれませんね、直訳したらリキッド(液状の)メタル(金属)です。そのままを想像すると水銀のような。
はたまた、ターミネーターにでも出てきそうなフレーズですが、リキッドメタルとは規則性を欠き、定められた原子配列を持たない、非晶質のアモルファス金属の一種で溶解温度は従来のチタン合金の半分程度ですが、冷却するとその硬度はステンレスの3倍にもなるという特徴があります。
性質的にはステンレスやチタンよりも強い強度と弾性を持っており、無理やり曲げようとしても曲がらずに元に戻るという特徴があるのです。
今回のiPhoneが曲がるという問題解決に最も有効的な金属だと思いませんか?
しかし、そんな都合のいい金属をいきなり使うわけがないとお思いのアナタ!
実は2010年にはアップルはリキッドメタルの使用ライセンスを取得しているんです。
そして何度かiPhoneの部品に使用されるという話は過去にも上がっているんです。
5年の時を経て、満を持しての起用ももしかしたらありえるかもしれませんよ。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ