【徹底調査】iPhone8の内部構造。小型化の鍵はバッテリー?

先端技術を惜しげもなく投入してこれまでにないiPhoneになる、と噂されるのがiPhone8です。そんなiPhone8はこれまでにたびたび画像が流出していましたが、内部構造に関する画像なども流出しています。さらに小型化が進むと言われているiPhone8ですが、そのカギはどうやらバッテリーが握っているみたいですね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneは小さくなるのか

iPhoneはモデルチェンジするたびにサイズが変わってきた経緯があります。極端な小型サイズになったこともありますし、大きなサイズに変更したこともありますよね。新型モデルではより小型化が進むとは言われていますが、過去に一度かなり小さなサイズのiPhoneをリリースしてユーザーから賛否両論だったことがあります。今ではそのモデルよりやや大きくなっていますし、最新モデルでどうなるかはまだ不明のようです。ただ、今より大きくなることはないでしょうし機能的なサイズになるのは確かでしょう。

二つのバッテリーが搭載される可能性

従来のiPhoneだと本体内部には一つのバッテリーが搭載されていました。しかし、あるところから流出したiPhone8のものと見られる内部構造資料ではバッテリーが二つ搭載されているように見えます。この資料の信憑性はかなり高いと言われていますし、恐らく二つのバッテリーが内部に搭載されるのではないかと言われていますね。二つのバッテリーを搭載し、内部のスペースを上手く使うことで小型化に成功したとも言われています。これからの続報を待ちたいですね。

小さくて薄い扱いやすいサイズに

小型化の鍵を握ると言われているバッテリーについて先ほどお話しましたが、新型のiPhone8は今までのモデルより小型になりしかも薄くなると言われています。極端に小さなサイズになるとは考えられませんが、操作しやすく機能的なサイズを採用し、よりスリムな設計になっていると思われます。バッテリーを二つに分けて搭載したのも小型化というよりは薄型化のためのような気がしますね。実際のところはどうなるか不明ですが、小型かつ薄くなるというのはユーザーにとって嬉しいものです。

iPhoneは新型モデルが出ると噂されるといろいろな画像や資料が流出しますよね。今回流出したと言われている内部構造の資料や画像については70%くらいの信憑性と言われていますし、もしかすると本当に薄く小さくなるかもしれません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ