iPhone8の画面の大きさは、ちょうどいいサイズ感?

iPhoneは、画面の大きさをどんどん変えてきました。iPhone8では、ちょうどいいサイズ感という画面の大きさができてくるのではないでしょうか。その「ちょうどいいサイズ感」とは一体どういうものなのでしょう。ここでは、iPhone8の画面の大きさについて、考えてみました。ちょうどいいサイズ感は、誰にとってもちょうどいいものがベストです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ちょうどよいサイズの定義

「ちょうどよいサイズ感」というのは、どういうことなのでしょう。ひとつは、片手で操作できることです。つまり、片手で握ることができる大きさということです。片手で握って、その親指が画面全体を動かす範囲に収まっているということです。片手で操作できれば、何かをしながらでもiPhoneを持って何かできます。ながら作業が得意な現代人のニーズに合っているということです。ちょうどよいサイズ感とは、片手で持って操作できるというのがひとつの定義です。

扱いやすいiPhoneのサイズ

iPhoneのサイズには、4インチ、4.7インチ、5.5インチの種類があります。iPhoneのバージョンが進むたびに、画面のサイズはだんだんと大きくなってきました。画面が大きくなると、操作はしやすくなります。ただ、手が小さい人の場合は、大きくなると片手で持つのは難しく、結局操作しにくくなります。片手でiPhoneを持ち、もう片方で操作をすることになります。手が小さい人には、4インチがベストサイズで、両手を使う人や手の大きい人には5.5インチがベストサイズだといえます。

iPhone8の画面の大きさとちょうどいいサイズ感

iPhone8の画面が、誰にとってもちょうどいいサイズ感であるには、結局2種類の画面の大きさが必要です。ひとつは女性が片手で使いやすい4インチ、もうひとつは見やすい5.5インチです。iPhone8は、2種類の画面の大きさで発売されるかもしれません。もしくは、5.5インチ程度の大きさで、片手での操作はしない前提での大きさということです。ちょうどいいサイズ感とは、人によって違ってきます。なので、どこで妥協するかという点も大きな問題です。それらをすべてクリアする一番いい方法で、iPhone8は発売されることを望むばかりです。

iPhone8は、まだ発売されるかもわからないものです。すべては想像でしかないのですが、特に画面の大きさという点では、いろいろな人に使いやすいという「ちょうどいいサイズ感」を追求して作られているといいものです。これからiPhoneユーザーになるという人にも、使いやすいものがいいです。画面が大きく見やすくなるなら、iPhoneは最早片手で操作するものではないということです。ちょうどいいサイズ感は、これからも考えられていくものです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ