【噂】iPhone8の修理はAppleでしかできなくなる?

iPhone8にはさまざまな噂がありますが、なかでも信憑性が高いと言われているのが、iPhoneの修理がAppleStoreでしかできなくなるということです。そうすると、壊れた場合にはAppleStoreに持ち込むことになります。この噂の真偽について追及しておきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8は簡単に修理ができなくなる?

今後発売が予定されているiPhone8については、かなり精巧に作られていることがわかっています。特にホームボタンをなくし、全面ディスプレイを採用し、ボディを金属製からガラス製にすることなどです。特に、TouchIDの指紋認証センサーがディスプレイそのものに組み込まれています。今でさえTouchIDの構造は非常に複雑であり、指紋データが本体内部の「Secure Enclave」アーキテクチャに保存されており、この二つをペアリングがされています。そのため、iPhoneを修理する際は、このペアリングが解消されないように細心の注意を払っています。ホームボタンを変えないことでこの修理が可能でしたが、ホームボタンが廃止されると指紋がリセットされるという恐れがあり、それ故に修理が複雑化するのです。

今まであったiPhone修理との違い

今までのiPhoneの故障でいえば、ホームボタンを使用したままで画面を変えるということで、TouchIDとSecure Enclaveのベアリングを変えないまま修理することが可能になっていました。しかしながら、iPhone8においてはホームボタンを配意することで、この両者のペアリングが効かなくなります。そのため、どのように修理するのか明らかになってはいないのですが、特殊な修理方法でしか修理できなくなるか、TouchIDを使わない形、いわゆるパスコード入力などで入力することしかできなくなります。そのため、Apple社でしか修理できないと言われているのです。

Apple社ならなぜiPhone8の修理が可能なの?

実は、Apple社は特殊なキャリブレーションを実施するマシンがあり、それでTouchIDと「Secure Enclave」のペアリングは独占的に可能です。そのため、Apple社でなら、ディスプレイを修理した後に両社をペアリングすることができるため、ホーム画面が損傷しても修理をすることが可能なのです。iPhone8は全面ガラス製になると考えられており、破損が心配ではありますが強化ガラスなどを利用しているため、簡単には破損しないかもしれません。しかしながら、使い方には気をつける必要があります。

iPhone8では、TouchIDと「Secure Enclave」のベアリングがあり、ホームボタンを交換するとデータもリセットされてしまいます。ホームボタンが廃止されたiPhone8は、Apple社でしか修理できなくなります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ