ついにiPhone10周年!新型iPhone8はデザイン一新か?

iPhoneが登場してからもう10周年を迎えます。そんな節目の年に発売が予定されているiPhone8なので、それまでとは大幅にデザインチェンジしたスタイルになることが予想されています。ではどのようにどれくらいのデザインチェンジが行われるのでしょうか?ここではiPhone8のデザインに関するウワサをご紹介します。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

薄さが大幅ダウン?

ディスプレイ技術が変更になる可能性が高いことから、iPhone8は大幅薄型ボディになるとのウワサが流れています。ボディの薄さは新型が登場するたび薄くなっているわけではなく、その年によってそのままであることもあります。そのため、iPhone8はさらに薄型となる年にあたりますが、さらにその前のiPhone7sから採用されるのではないかとの説もあるのです。

ホームボタンがなくなる?

ホームボタンがなくなるというウワサはiPhone7の時にもありましたが結局叶わず、iPhone8で今度こそ叶うのではないかと言われています。よりシンプルでスッキリとした液晶ディスプレイになることでしょう。

ちなみに指紋認証機能までiPhone8には搭載されると予測されています。指紋認証自体はすでにiPhone5sに搭載されていますが、その頃とは認証制度やスピードが違い、さらに韓国メーカーがディスプレイ内に埋め込むタイプの指紋認証センサーを開発したことも搭載の可能性が高い理由でしょう。

折りたためる曲面画面説が有力?

特許申請や、apple社がiPhone8用にOLEDディスプレイを注文した、他社では需要に備えて大量に生産する準備にかかっているという情報から、iPhone8は折りたためる画面になることがかなり高い確率で予想されています。

曲面画面とは、ディスプレイの中央あたりから縁にかけてまるで山のようになっているデザインのことです。これはベゼルレスデザインが採用されると誤ってタッチしてしまうなどを防止するために必要なデザインなのでしょう。ボディ側面にまでディスプレイがあるデザインの可能性もあげられています。

iPhone10周年にふさわしいものにするには、やはりフルモデルチェンジではないでしょうか?これまでになかった新機能やデザインいろいろと期待され、しかも可能性が高くなっているのもうなずけます。大幅に薄くなったボディ、今度こそホームボタンがなくなる、折りたためて曲面画面になるなど、新しいデザインについて期待が高まります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ