【え…まじ?!】新型、iPhone8は「曲がる」の噂を徹底検証!

新型のiPhone8には、いろいろ噂があります。まだ正式に機種が発表されていないことで、誰もが想像するしかないのです。また、iPhone8を裏付けるような画像や設計図、部品関連の会社幹部の発言など、ニュースソースが信頼できるところからもいろいろ情報がでてきています。その中でもとても興味深いのが、iPhone8は曲がるというものです。どういうことなのか、考えてみました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

曲がる本体の動画

iPhone8のコンセプト動画が、Youtubeで公開されています。それによると、iPhone8の本体は、曲げることができるというものです。曲げるというと、ゆるやかな曲線を描くくらいで、と想像します。携帯電話というものは、固い素材でできていることで、中身にいろいろな機能を入れることができて、外カバーが衝撃から守っているものです。ところが、iPhone8の動画では、想像以上に、ぐにゃりと曲がっていると表現されています。曲げる、ねじる、ということはちょっと想像ができませんね。

ディスプレイの素材で曲がる

iPhone8の本体というかディスプレイは、曲がる素材になると予想されています。曲がる素材、曲げることができる素材、曲げても損傷なくディスプレイが使える素材、ということです。今まで画面の外側にあったホームボタンや指紋認証センサーを、画面の内側つまりディスプレイ内に取り込むことによって、曲がる素材が活かされることになるというわけです。iPhone8が曲がるとは、グミみたいな状態を想像すればよいのでしょうか。

フレキシブル有機ELディスプレイ

iPhone8のディスプレイには、フレキシブル有機ELディスプレイが採用されるというのが、強力な噂のひとつです。有機ELディスプレイとは、電圧をかけることで発行する物質を使ったディスプレイのことです。フレキシブルつまり柔軟性があるという意味です。フレキシブルにすることにより、ディスプレイは折り曲げることができるようになる、という映像表示装置になります。薄くて柔らかいもので、布とか紙のようなものだと想像すればよいでしょう。

iPhone8の「曲がる」性質について考えてみました。曲がるにもほどがありますが、iPhone8の曲がり具合は、硬いものという携帯電話の観念をひっくり返されるようなものかもしれません。曲がる本体のiPhone8、みてみたいものですね。想像した通りなのか、それとも全く違った曲がり具合を示すのか、答え合わせをする時がくるのはいつになるのでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ