脱マンネリデザイン!iPhone8は前面オールディスプレイ!

iPhone8はiPhoneメモリアルイヤーである2017年現在開発が進んでおり、新しい技術が期待されています。その中で特筆すべきは全面ディスプレイであることです。ホームボタンがなくなり、すべてがディスプレイされるその画面に注目されています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

新しいiPhone8は画面が大きくなる?

iPhone8は、画面の拡大が期待されています。全面4Kディスプレイを採用していますので、画面がなめらかできれいです。実は、iPhone8と、iPhone7の大きさは変わりません。ですが、全面ディスプレイを採用することで、今まで4.7インチであった画面が、6インチになります。ホームボタンは廃止され、必要な際に画面に出てくるという形になります。そのため、スタイリッシュなデザインを可能にしてくれます。

iPhone8はさらに軽量化?

iPhone8を見てまず気づくのが、全面がなめらかなガラス張りになっています。全面ディスプレイを採用されているため、前面にはプラスチックの部分はなく、全部が画面になっています。それにもかかわらず、有機ELを初めて採用したりするなど、本体の重要はより軽くなっています。本体は115グラム、薄さが6.5ミリになりました。これは、iPhone7の重さが138グラム、薄さが7.1ミリですので、従来のiPhone7よりもiPhone8はより薄型化、軽量化されています。

iPhoneの全面ディスプレイが実現したらどうなる?

iPhone8は画面の全面がディスプレイになっており、画面のふちの部分がありません。そのため、ホームボタンがどうなるのか、というのが気になるところでしょう。iPhone8になるとホームボタンはソフトウェアで制御するタイプになります。そして、使用しない時は姿を消し、使用するときだけホーム画面に現れるという形式になると予想されています。すでにApple社ではiPhoneのホームボタン廃止を考えていると言われているからです。TouchIDが背面の画面になるかもしれないともいわれており、カバーの変更も予想されています。

iPhone8は、ホームボタンを廃止して全面ディスプレイを採用すると予想されています。そのため、なめらかな流線型のデザインですし、枠が廃止されていますので、映像やデータをより大きな画面で楽しむことができます。しかしながら、軽量化小型化も実現されている機種として期待されています。 

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ