iPhone8のインカメラは3D対応?!深さや位置を検知するとの噂

「iPhone8をもっと隅々まで使いこなしたい!」というコアなユーザーにとって注目機能のひとつは何といってもカメラですよね。最新モデルではiPhone7で指摘されていたデュアルカメラの弱点を克服したよりいっそうハイスペックな垂直タイプのインカメラが搭載されるとの噂があり、ユーザーの間でさらに話題沸騰となっています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

デュアルカメラが水平から垂直に変わったことによるメリット

iPhone7以降、すでに垂直タイプのデュアルカメラを実装しているiPhoneシリーズ。iPhone8でも基本的なインカメラの仕様は大きく変更されず、画質などを向上させることによってスペックの充実をはかるだろうと見られています。初期シリーズでは水平にならぶインカメラがむしろ主流でしたが、垂直タイプに変わったことによって被写体の奥行きや立体感をより忠実に表現できるようになり、きわめてリアルで鮮明な写真が撮影できるようになったと、スペックにこだわるユーザーからも評判です。iPhone8でも垂直方向のデュアルカメラシステムを踏襲しつつ、解像度や連射性能を高めることでこれまで以上にクリアな画像が撮れるようになると期待されています。

iPhone8はVRにも対応?

iPhone8がこれまでのシリーズ以上にインカメラの性能にこだわるのは、VRへの対応を視野に入れているためだろうと見られています。すでにVR技術を駆使した新感覚のゲームアプリが数多く開発され、携帯端末でも手軽に楽しめるようになりつつあります。iPhone8に搭載予定のインカメラはVRや拡張現実への対応を前提としており、ゲームアプリとカメラを連動させることでたとえば現実世界での動作がゲームのキャラクターにも反映されるなど、よりリアルで自然な感覚に近い操作感覚が味わえるだろうと期待されています。

iPhone8のインカメラで認証システムも変わる?

iPhone8のインカメラで可能になるのはVRだけではありません。解像度の高いインカメラと連動するかたちで顔認証や虹彩認証システムが実装されるとの見通しが流れており、これが実現すれば指紋認証などよりもはるかに簡単に個人を識別でき、端末のセキュリティをより確実に守ることができると言われています。

iPhone8のインカメラはiPhone7以上に高性能で応用範囲の広い機能になりそうです。とくに注目されているのはVR技術との連携で、ゲームアプリと連動させることによって画面上でキャラクターをただ動かすだけではない、まったく新しいゲームの遊び方が可能になると期待されています。もちろんカメラ本来としての性能も過去最高レベルであり、そのスペックを活かして顔認証や虹彩認証システムが実装されるのではないかという希望的観測まで広がっています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ