【さらに便利に?】iPhone8登場でフェリカはどうなる?

iPhone8の登場で状況が変わるかもしれないというのがフェリカです。このフェリカは今までiPhoneでは対応されていなかったのですが、iPhone7から使えるようになったことで、多くの方々がその恩恵に授かって参りました。はたして新型機はこの機能をさらに拡張したものとするのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

フェリカは搭載されていなかった?

フェリカとは駅の改札口でIC乗車券としてもちいたり、電子マネーとしてコンビニなどでお買い物をするときに利用する非接触ICカード技術です。要するに電子マネーと思ってください。「Suica」や「PASMO」を使っている方々からそれにチャージして現実でもよく使われているのですが、この技術があれば携帯一つでお買い物ができるようになります。しかし、この電子マネーはライバル会社の携帯電話には搭載されていたのに、iPhoneには長らく搭載されてきませんでした。

その最大の理由が日本が独特な進化をしてしまったからです。日本で主流となっているこの技術はNFC Type-Fという規格を使っているのですが、これが世界基準とは異なっているので、iPhoneタイプの電子マネー「Apple Pay」は長い間非対応となっていたのです。諸外国では一般的なNFC Type-A/Bだったので仕方ないとあきらめていた人も多いでしょう。

しかし、iPhoneがNFC Type-Fの採用を決めたことで、この技術を導入したiPhoneが発売されるようになって、iPhoneでも電子マネーが使えるようになりました。

iPhone8が流行すればフェリカ利用者も増える

おサイフケータイ機能は非常に便利なものであります。メリットは色々とありますが、代表的なものはリアルの財布を使う必要が無いことで買い物の非常にスムーズに進めることができることでしょう。いわゆる「携帯があれば何でもできる」という状態になるのです。iPhoneを使って電子マネーで買い物をして、iPhoneを使って音楽を聴いて、iPhoneを使ってゲームをすることもできるでしょうし、様々な行動がiPhone一つで可能となるのです。

これがiPhone8となるとさらなる機能が追加されることが予想され、一説にはMR機能も搭載するという噂もあります。このように使い勝手がよくなることで使用者も増えるので、フェリカ利用者も確実に増えるでしょう。家電製品とのデータのやりとりなども使えるようになるので、家の中での暮らしもより快適になります。

ガラパゴス化していた日本のニーズに応える形でiPhone側が動いたことも大きいのですが、フェリカ自体がより性能レベルで進化をすればiPhone側の性能向上にも結果的に繋がることになりますので、この技術を開発しているソニーにも期待したいところです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ