iPhone8は全面ディスプレイを搭載!さらに透明デザインによるAR体験も可能

iPhone8の基本設計図がついに公開になりました。最新の設計図によると、iPhone8ではオールクリアボディによる全面ディスプレイが採用される見通しで、iPhone7やiPhone7sとはまったく違うデザインになると見られています。ディスプレイを全面化することによるiPhone8の変化とユーザーにとってのメリットについてまとめました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

オールクリアディスプレイでこれまでにないファッショナブルな操作感を!

全面ディスプレイは言うまでもなく、画面としての表示領域を最大限に確保するための工夫です。iPhone8ではiPhone7までの定番であったホームボタンが廃止され、指紋認証機能なども「ファンクションエリア」としてディスプレイ内に格納される見通しとなっています。透明の筐体にすることにより、カメラセンサーや指紋認証センサーなどを端末背面に移動させることができ、その分だけまた別の便利機能を詰め込むことができます。ディスプレイに有機ELを採用したことにも大きな転換点です。液晶ディスプレイのようにバックライトなどを必要としないためそれだけ背面のスペースを自由に使えるというメリットがあります。それに何より、光沢のあるクリアボディはデザイン的にも充分にスタイリッシュで、見た目にこだわる上級ユーザーをも満足させる仕上がりとなっています。

iPhone8のクリアボディならARアプリも迫力満点!

iPhone8の全面ディスプレイとオールクリアボディは明らかに、ARアプリへの本格対応を視野に入れたモデルチェンジです。大画面で体感するAR映像は臨場感満点で、どこまでが現実の世界かがわからなくなってしまうほどです。ホームボタンがディスプレイに埋め込まれたことでアプリが使用できる表示領域も格段に広くなり、これまでのiPhoneシリーズでは実現できなかった立体的な映像体験が楽しめます。ディスプレイが広がるということで気になるのは強度ですが、iPhone8では「ゴリラガラス」とよばれる最高スペックの強化ガラスが実装される予定になっており、ガラスでありながら割れにくく、衝撃にも強いディスプレイになると期待されています。強化保護フィルムなどの付属アクセサリーを併用すればよりいっそう耐久性が増し、日常レベルの衝撃では決してこわれない最強のiPhone8にカスタマイズできます。

全面ディスプレイとオールクリアボディ。新機軸を同時に詰め込んだところにiPhone8の価値はあります。ホームボタン廃止で単に画面が広く使えるようになっただけでなく、AR映像もよりリアルに感じることができ、iPhoneの楽しみ方が根本から変わります。強化ガラス使用のディスプレイなら画面割れの心配もほとんどありません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ