【本音】iPhone8に買い替えると起きそうなデメリットまとめ

発売が待ち遠しいiPhone8.「リリースされたらその日に買う!」と決めているコアなユーザーも多いかもしれませんが、一方でiPhone8については発売の前からスペック面や機能面で不安視する声が流れており、順風満帆なリリースとは言いがたい部分もあるようです。一体、iPhone8のどのようなところに不安が残るのでしょうか。ユーザーの声を取り入れつつ検証してみました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8が抱える構造的な不安とは?

iPhone8の早期の買い替えにデメリットがあるといわれる背景には、開発段階での誤算やトラブルがあります。正式リリースが大幅に遅れそうなのも、ワイヤレス充電の実装に必要な小型部品の生産が間に合っていないためだと言われており、リリース前からのごたつきが指摘されています。認証方式についても指紋認証なのか顔認証なのか、あるいは虹彩認証が搭載されるのか未だにはっきりとつかめていない状況で、3つをミックスした中途半端な機能になってしまうのではとの声もあるほどです。ボディイメージに関しても、iPhone7で指摘されていたキズやほこりのつきやすさ(とくにジェットブラック)がiPhone8で解消されているかは今のところ未知数であり、その点も買い替えのデメリットとして挙げられているようです。

指摘されるデメリットにAppleはどう対応しているか

iPhone8の買い替えについてはリリース前からいくつかのデメリットが指摘されていますが、Apple側もこの状況を静観して眺めているわけではありません。過去シリーズからの固定ユーザーをつなぎとめるため、AppleはiPhone8においてあらゆる付加価値を追求し、『買い替えのデメリットはゼロである』ことをしきりに強調しようとしています。そのひとつがイヤホンジャックの復活であり、iPhone7で廃止されたイヤホンジャックをiPhone8でふたたび採用することによって(充電しながら音楽が聴ける)という付加価値をユーザーに提供し、音質面でも進化したiPhone8を印象づけるねらいがあると見られています。

一部の報道では買い替えのデメリットばかりが強調されているiPhone8。売れ行きを不安視する声があることは事実ですが、どんな新製品でもある程度の誤算とトラブルはつきものです。iPhone8の真価が問われるのはむしろリリース後のアップグレードの質であり、Appleの肝煎りで開発した数々の新機能によってどの程度ユーザーのニーズをつかめるかが勝負どころとなります。事前リーク情報を充分に参考にしつつ、最終的には独自の判断で買い替えのタイミングを決めるのが確実でしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ