iPhoneXの「A11 Baionic Neural engine」によるグラフィック処理性能

iPhoneXではシリーズ史上最高性能となる新GPU「A11」を搭載し、より高速でなおかつクオリティの高い3D表現を可能にしています。iPhoneXのグラフィック処理性能は過去シリーズや他のキャリアと比べてどの程度性能面で上回っているのでしょうか。基本となるスペック情報からGPUの基礎知識まで、最新グラフィック処理の凄さを味わっていただきましょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneXのグラフィック処理はどれほどのクオリティなのか

通称「A11」とよばれる最新GPUを標準搭載したiPhoneXではiPhone7でもなしえなかった高度で安定したグラフィック処理が可能になり、ハイスペックな動画や3Dゲームなどをこれまで以上に臨場感たっぷりに楽しめると期待されています。もちろん、グラフィックが鮮明であるだけでなく処理そのものも格段に高速になっており、大容量の動画やゲームを長時間ストレスフリーに堪能できることでもユーザーの高い評価を得ています。

まずは基礎から!GPUって何するの?

iPhoneのヘビーユーザーにとってはもはや常識となっているGPUも、ビギナーから見ればその仕組みがわかりにくく、自分とは無縁のもののように思える部分があるかもしれません。GPUは大まかにいうと、CPUの機能からグラフィック処理だけを抜き出したセクションと考えることができます。iPhoneXクラスのハイスペックな端末では複雑なグラフィック処理までCPUにまかせているとたちまちパンクしてしまうため、現在のコンピュータではメインのデータ処理とグラフィック処理のセクションを分けるのがスタンダードになっているのです。

iPhoneXのフルスペックのグラフィック!健康への影響は?

iPhoneXでは史上最高レベルのGPUが搭載され、立体表現ははるかにリアルで美しくなりました。iPhoneの画質がここまで進化したとなると、ユーザーとして心配なのは眼への影響ではないでしょうか。ひと昔前まではiPhoneや携帯ゲームを長い時間やりすぎると眼のダメージが大きくなり、視力が著しく低下すると言われてきましたが、iPhone7以降はブルーライトカットモードが搭載されているため、時間を忘れてゲームや映画を楽しんでも眼にはあまり負担がかからないように設計されています。

iPhoneXで採用された「A11」はグラフィック性能が飛躍的に向上した最新のGPUで、今後のiPhoneシリーズにおいてもスタンダードな中核技術になるだろうと見られています。ブルーライトカットモードにより眼への負担をかぎりなく少なくできるものの、健康への影響を考え、iPhoneXでのゲーム中は適度に休憩をとるようにしましょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ