【徹底比較】iPhone7とiPhone8の違いまとめ

Appleにとっても記念作品と言われているiPhone8.これまでの常識を覆すような新機能が続々と公開され、iPhone7とiPhone8はまったくの別物と評価するユーザーもいるほどです。iPhone7とiPhone8はどのような点で違いがあるのか、また、iPhone全体の歴史で見て今回の最新モデルはどのくらい進化していると言えるのか。機能面での比較から検証していきます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

Appleが全精力を注いで開発したiPhone8

「充実の新機能」と宣伝されているように、iPhone8には革新的な新機能が数多く搭載される見通しです。新機能だけを見ればiPhone7とはもはや比較の対象にもならないレベルで、Appleがいかに今回のモデルに期待をかけているかが伺えます。Appleがとくにこだわって開発にあたったと言われているのがインダクティブ充電。これまでのiPhoneシリーズのように専用の充電マットに置く必要もなく、電波の届く範囲にiPhone8を近づけるだけで自動的に給電されるインダクティブ充電はまさに「進化したワイヤレス充電」と評価することができ、iPhone7と比較しても充電の便利さは飛躍的に向上しています。高性能フロントカメラと連動したAR技術もiPhone8の大きな目玉であり、将来的にはARだけでなくさらに進んだMR(複合現実)にも本格対応することが期待されています。

ボディイメージも一新!比較にならない美しさ

iPhone7とiPhone8は見た目も決定的に違います。有機EL採用のオールフラットディスプレイが採用されたiPhone8はホームボタンがなくなったことで画面の表示領域をより広く確保することができ、3Dゲームや動画などをよりスリリングに楽しむことができます。また、ボディはガラス製なので透明感と光沢があり、どのカラーバリエーションでもよりスタイリッシュなパートナーとしてユーザーの魅力を引き立ててくれます。デザインだけではありません。iPhone8では7でいったん廃止されたイヤホンジャックがふたたび採用される見通しが強まっており、これによって「充電中も音楽が楽しめる」、「付属イヤホンの選択肢が広がる」など、利便性がさらに高まると見られています。

iPhone8の売れ行きは今後のiPhoneシリーズにとっても大きな試金石と言うことができ、ARやインダクティブ充電などの新機能が受け入れられるかにすべてがかかっていると言っても大げさではありません。新機能にこだわらないユーザーでも、メモリ3GBを実現したiPhone8は動作も快適でフリーズの心配がなく、バッテリー残量を気にせずに長時間使うことができます。iPhone7から飛躍的に進化したiPhone8をぜひ体感してみてください。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ