【これは凄い!】iPhone8で実装が噂される顔認証・追跡機能

iPhone8の進化を強く印象づける新機能といえば、顔認証システムが思い浮かびます。iPhone8ではカメラ性能がさらに向上し、暗い場所や手ぶれなど、これまでは顔認証に適さないとされていた状況でも正確に本人認証が行えるようになるとの期待が広がっています。さらに今回は端末の追跡機能も拡充されるとのことで、iPhone8をなくしたとしてももうあわてることはありません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

指紋認証と顔認証、結局どっちが使いやすい?

iPhone8の認証方式としては指紋認証と顔認証が候補にあがっているようです。iPhone8では物理的なホームボタンを廃止するかわりにディスプレイ内に同様の機能をもつファンクションエリアを格納し、TouchIDの機能ももたせるのではないかと見られています。iPhoneはもともと指で操作するものなので指紋認証と相性が良いような気もしますが、Appleとしてはどうやら顔認証のほうを積極的に導入し、iPhone8の斬新さを強くアピールしたいねらいがあるようです。指紋認証と顔認証の併用というかたちをとる可能性もあり、Apple側も落としどころを探っている段階のようです。

iPhone8をなくしても安心!ピンポイントで探せる追跡機能

顔認証とならんで注目を集めているのが追跡機能です。iPhone8に内蔵されているGPSを利用してクラウド経由で端末の位置情報を取得するシステムで、AppleIDとPCおよびタブレットさえもっていれば紛失したiPhone8もすぐに見つけ出すことができます。また、追跡機能を利用すれば買い物に出かけた子どもの居場所を自宅からつねに把握することができ、保護者の方も安心です。あるいは反対にお母さんのiPhone8とGPSを連動させることで、留守番している子どもにお母さんの居場所がわかるようにするなどの使い方も可能になります。恋人同士や夫婦間での素行調査としても使われているようですが、本来はそのような使い方を想定しておらず、相手の了解なく追跡機能を使用すればプライバシーの侵害になりかねませんので、正しい使用目的以外では使わないようにしましょう。なお、Apple側の仕様変更により、AppleIDでログインするとその相手側に通知が送られるようになっています。犯罪につながるような使い方は絶対にやめましょう。

顔認証とGPSによる端末の追跡は、iPhone8の目玉ともいうべきメイン機能です。とくに追跡機能のほうはiPhone8のセキュリティに直接つながる部分なのでAppleとしても力を入れているようです。追跡機能を応用すればiPhone8をもたせた相手の居場所や移動ルートを逐一把握することができますが、プライバシー侵害になる恐れもあるため悪用は絶対にやめましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ