iPhone8は高速充電に対応している!?

iPhone8では付属品のUSBアダプターを接続することで高速充電が可能になると発表されています。しかも新たなUSBアダプターは必要なく、タブレット端末に対応しているUSBアダプターで充電ができるため、わざわざあらためて専用アクセサリーを購入する必要もありません。iPhone8以降本格導入されると見られているワイヤレス充電についても簡単に触れています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

外出先でも困らない!iPhone8で簡単高速充電

外出先でいざiPhoneを使おうと思ったら充電切れで大あわて……iPhoneユーザーなら一度や二度は経験するハプニングではないでしょうか。さまざまな面で高機能化がいちだんと進むiPhone8では過去のiPhone以上に消費電力が大きくなり、充電切れのリスクが高まると予測されています。現在タブレット端末でも使われている「USB-C」という付属アダプターを接続すればiPhone8を高速で充電することができ、出張先などでもiPhoneを短時間でフル充電することができます。仕事やプライベートで家を空ける機会の多い人はとりあえず、高速充電専用アダプターを常備しておくと安心でしょう。

高速充電と通常充電は何が違う?

高速充電が当たり前になったことで、充電の待ち時間を気にせずに思う存分iPhoneで遊びつくすことが可能になりました。通常充電と高速充電では、充電のための電圧に大きな違いがあります。当然、短時間で一気に充電する高速充電のほうがより大きな電圧を必要とし、また受け取る側の端末のほうもそれに見合ったキャパシティをもたなくてはなりません。充電に必要な電力の単位はアンペアであり、iPhone8で急速充電を行うのであれば少なくとも1.8A以上の出力とキャパシティが必要です。

ワイヤレスでも高速充電?iPhone8のさらなる未来

iPhone7あたりからいよいよ本格導入の動きが見えはじめたワイヤレス充電。iPhone8以降ではさらにワイヤレスでの高速充電にも対応するのではとの期待が広がっており、もはや専用USBがなくても、また、自宅と同じ充電環境がととのっていなくても電波さえ通っていればiPhoneをフル充電できる時代が近づいています。ただし、Appleとしては今もなお当初のシンプル路線に若干の未練があるようで、ワイヤレス充電やWi-Fi経由の高速充電についてどうしても先送りにしたい本音が読み取れるのです。Appleとしてはもっと他にプッシュしたいギミックがあるんだ、ということなのかもしれませんが、ライバルのandroid端末がすでに本格的なワイヤレス充電実装を軌道に乗せている以上、iPhoneとしてもその動きを無視することができないところまできていると多くのユーザーは見ています。

iPhone8が高速充電に対応することはほぼ確実な見通しです。現段階では専用アダプターが必要になりますが、近い将来、iPhone9以降はアダプターにつながなくても無線による高速充電が可能になるかもしれません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ