iPhone8は売れない!著名人が口を揃えて予想するその理由とは

正式リリースが目前にせまり、革新的な新機能が大々的に喧伝されるiPhone8ですが、目の肥えた著名人の間では「iPhone8は思ったよりも売れないのでは?」という噂が流れています。発売直前なだけに見過ごせない情報ですが、その真意は一体どこにあるのでしょう。iPhone8の開発プロセスからその根拠をさぐっていきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

多機能化はもう限界?iPhone8の思わぬ盲点

世界各地の著名人が異口同音に「iPhone8は売れない」と予想する背景には、端末の急激な多機能化が挙げられます。実際、初代iPhoneとiPhone7では単純にスペック面で比較しただけでも雲泥の差があり、初代iPhoneを前時代の遺物とまで言い切る著名人もいるほどです。iPhone8ではスペックだけでなく機能面でもiPhone7を大きく上回らなければならないわけですから、開発チームのプレッシャーははかりしれないものがあったと推察できます。iPhoneシリーズの多機能化は一見するとプラスの要因のようですが、機能を増やした分だけ操作方法などが複雑となり、かえってユーザーに敬遠されるのではないかとの懸念が広がっています。

考案者も仰天?iPhoneシリーズのとまらない多機能化

もともと「シンプルイズベスト」をコンセプトとして生み出されたiPhoneシリーズ。機能を最小限にとどめたシンプルなつくりがスティーブ・ジョブズ氏の理想であり、Apple全体に共有された理念であるはずでした。ところが、iPhone6からiPhone7にかけて少しずつ多機能化の兆候が見えはじめ、iPhone8ではついにこれまで背をむけてきたおサイフケータイにまで完全対応されるとの情報が流れています。ユーザーからの要望がありながらも長らくiPhoneシリーズがおサイフケータイなどの便利機能に対応してこなかったのは、世界標準に合わせているというビジネス上の理由以外に、「それが創業者の理想だから」というプライドのようなものもあるのではないでしょうか。iPhone8でおサイフケータイやVR対応3Dカメラなどの複雑な機能を搭載し、多機能化路線にシフトチェンジしたことが専門家にきわめて近い著名人から見ると「中途半端な日和見現象」のように映り、「iPhone8は売れない」といういささかショッキングな予測につながっていると考えられます。

「iPhone8は売れない」という予測が半ば公然とささやかれるようになった背景には、ここ数年のiPhoneシリーズの多機能化路線があります。便利な機能を付加することはユーザーにとってはメリットが大きいようにも思えますが、iPhoneがもともと「シンプルイズベスト」の発想からスタートしたことを考えると、背景を熟知している著名人から一種の迷走としてマイナスなイメージでとらえられるのも無理はないのかもしれません。iPhone8が著名人によるネガティブな予測をはね返すことができるのか。それはリリース後の人気に大きく左右されることでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ