iPhone8でカメラ機能は、どうなったのか

スマートフォンにはカメラが搭載されているのがもう当たり前のようになっています。もちろんiPhone8にもカメラ機能が付いているのですが、以前のiPhoneと比べて、どのような点が異なっているのか、どのような機能になっているのかを知っておくことも、iPhone8を購入するか検討する上で重要だと言えるでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

3Dセンサーが付けられている

iPhone8にも当然カメラ機能は搭載されているのですが、どのような機能になっているのかというと、3Dセンサーが取り付けられているのです。3Dセンサーというのは、3D顔認識とも呼ばれている機能で、ゲームアプリなどで自分のアバターを作成する場合、自分そっくりの顔にすることなどができます。

このような機能を3Dセルフィーとも呼んでいるのですが、よく有名人が自分そっくりのフィギュアを作成する場合などにも用いられている機能です。このようにスマートフォンというのは、カメラ昨日1つ取ってもどんどん進化していると言えるでしょう。もちろん3Dセンサー以外にもいろいろな機能が追加されています。

虹彩スキャナーが搭載されている

新しくiPhone8のカメラに搭載されると言われている機能に、虹彩スキャナーというのがあります。虹彩スキャナーと聞いても何のことだかわからないという人もいるでしょう。虹彩スキャナーというのは、生体認証技法の1つです。例えば眼球の虹彩スキャナーを用いることで、不正アクセスなどを防いだりするのです。

簡単に言えばセキュリティアップのために用いられているのですが、このようなカメラ機能は、万が一悪用された場合に、その人に成りすますことができるというのが最大のデメリットだと言えるでしょう。そのため、虹彩スキャナーがよいという意見の人もいれば、あまりよくないという意見の人もいるのです。

通常の機能をパワーアップ

元々今までのスマートフォンに搭載されていた機能を、さらにパワーアップさせてiPhone8に用いられている部分もあります。それは望遠機能と手ぶれ補正機能、さらにはオートフォーカスも今までより性能が上がっているのです。望遠機能はより遠くの物を撮影する場合によく用いられているので、使ったことがある人も多いでしょう。

手ぶれ補正機能は、動画を撮影する場合でも、写真を撮る場合でも必要不可欠な機能です。特に動画撮影では手持ちだとかなりぶれてしまうので、重要な機能になります。オートフォーカスは自動でピントを合わせてくれる機能なので、このような機能が充実していることはかなり大切だと言えるでしょう。

カメラ機能はスマートフォンを購入する上でかなり重要な判断基準となります。iPhone8ではより多くのカメラ機能が存在しているだけではなく、今まで当たり前のように使っていた機能もレベルアップしているので、写真撮影や動画撮影などの幅も今までより広がってくるでしょう。そのため、今までよりも使いやすくてよりきれいな映像が撮れるのです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ