iPhone8で始まるAR全盛時代

ARこと拡張現実は、近年のモバイルデバイスにおいて高い注目度を誇る技術です。iPhoneにおいても、ARを使ったゲームアプリが話題となっていたことから、知っているiPhoneユーザーも少なくないことでしょう。ですが今回登場するiPhone8では、このARがより一層本格的に楽しめるのではと話題になっています。まさに、AR全盛とも呼べる時代が到来するかもしれません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneにAR機能が標準搭載されることの意義

AR自体、もしかすると、すでに目新しい言葉でもなくなってきているかもしれません。登場してしばらく経ちますし、また同系統の技術であるVRも、ゲームや動画視聴市場においてすでにシェアを誇りつつあります。ですが、そんな中でもiPhoneに本格的に組み込まれるということには、大きな意義が感じられます。

理由は、世界的に見て日本がiPhoneユーザーの多い国であるためです。つまりiPhoneユーザーのAR利用率が高まれば、日本全体にARが広がるともいいかえられるのです。実装されていれば、まさに、全盛時代が訪れるといっても過言ではないかもしれません。

どのようにiPhone8がARを実現するの?

ARとは、現実世界に付加情報や価値を付け加えたような映像表現を指します。つまり、現実の映像に付加情報を加えることで、ユーザーが現実以上に役立てられるといった技術です。そこでポイントとなるのが、カメラです。そんな映像を取り込む部分となるため、性能の一定水準は不可欠です。

iPhone8は、2つのカメラを並べたデュアルカメラ、さらに3Dセンサーを組み込むことで、精度の高いカメラ部を実現しています。立体映像のためといっても過言でないデュアルカメラなだけに、まさにARを重視した仕様ともいえます。また今回、デュアルカメラは縦並びで実装されるのではという情報も注目を集めています。

なぜAR重視されているといわれているの?

iPhone8は、ファンの間でARに強いデバイスになるのではと話題になっています。とはいえ、未発表である現在、詳細は定かでありません。にもかかわらず、なぜそのような情報が注目を集めているのでしょうか。

ソースは、半導体レーザーを扱う大手光学部品メーカーが、6月の決算である大規模な出荷情報を発表したためです。その情報とは、1社に数百万台単位で販売する予定があるというものです。規模的に考えて、世界有数の大手企業Appleであることは容易に窺えます。これこそが、今回のAR重視情報のソースです。高い確率で実装が期待されるので、注目しておいて損はないことでしょう。

iPhone8は、ARに力が入れられているのではと予測されています。デュアルカメラに3Dセンサーを組み合わせた、まさにAR向けのデバイスになることが予想されているためです。ソースも比較的信頼度の高いものであるため、広く期待が持たれています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ