iPhoneXの画面表示で拡大設定はできるのか

視力が弱かったり年配の方などがiPhoneの画面が小さくて見にくい、そんな場合には画面の拡大設定という機能があります。それは今後発売が予定されているiPhoneXについても、画面表示で拡大設定をすることはできます。拡大設定の方法や解除の方法について知っておくとよいでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneの画面表示における拡大設定とは?

iPhoneにおける画面を拡大したり縮小したりする機能のことをズーム機能といいます。その絹を使うことによって、本来の機能よりも少し拡大して表示されます。iPhoneの機能として、ピンチアウトといって画面を日本指で開くようにすれば拡大することはできるのですが、ホーム画面にはそのような機能はありません。しかしながら、画面表示をもともと拡大に設定をしておけば、ホーム画面も大きくなりますので、よりiPhoneが使いやすくなります。この設定は今後発売が予定されているiPhoneXにおいても搭載されると考えられます。

iPhoneの拡大設定機能とはどのように設定するの?

iPhoneのズーム機能、すなわち画面設定の拡大は設定の歯車ボタンから行います。そして一般をタップすると下のほうにアクセシビリティという項目がありますので、そのアクセシビリティをタップします。そして、ズーム機能という文字がありますが、最初はオフになっているものをオンにするとその直後から画面が拡大されます。もし、それ以上拡大したいと思っているのであれば、3本指で画面を二回押した後に指を画面から離さずに画面の上方向に指を動かすことで画面の拡大率を上げることができます。一方で下のほうに動かすと拡大率が下がります。そのほかの設定もここでできます。レンズのサイズを変更したり操作がしやすいようなコントローラーを表示したりすることです。

iPhoneの拡大設定機能の注意点や解除の方法

iPhoneXにおいても拡大機能をオンしておけばいつでも大きな画面で見ることができます。この時の注意点は、アイコン自体が拡大されてしまいますので画面に表示されるアイコンが少なくなります。そのためいつも使っているアイコンが表示されないかもしれません。ホーム画面の横向き表示が使えなくなるなど、一部機能も制限されてしまいます。この拡大表示を解除するためには、また設定画面に戻ってアクセシビリティをタップし、ズーム機能をオフすることで行えます。iPhoneの画面の拡大については、iPhoneXにある便利な機能の一つです。

iPhoneの画面が小さくて見にくいという人にとって助けとなる機能が、iPhoneの画面設定の拡大機能、すなわちズーム機能です。この機能を使えば、指の操作だけでは拡大できないホーム画面についても最初から拡大表示できます。今後発売が予定されているiPhoneXについても、画面を拡大するズーム機能が搭載されると考えられます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ