iPhone8はAR機能を搭載?数年後にはARメガネの製品化を目指している

iPhone8にAR機能が搭載される事は久しい前から話題に上っていましたが、ついにARめがねとしての製品化に向けて動き出したようです。はたして本当に製品化できるのでしょうか。またどのような製品なのでしょうか

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

今AR機能が熱い

AR機能はiPhone以外にも様々な分野での活用が進んでいます。最も知られているのはiPhoneを使ったゲームソフトでしょうし、映画やテレビあるいは広告などにも活用された例が多く残っています。iPhoneに活用されるケースではiPhoneをかざした時の画面に、実際はあり得ない事象を実際場面に投影させるというものであり、自分が3次元の世界に生きているかのような臨床感を体現できます。この機能を応用して今後医療などでたとえば切開前に臓器が投影されるといった形や、暗闇でも遠くまで見通せる装置などの軍事用器具などが考えられます。これらを実現するために不可欠な形としてめがねが検討されており、appleでは数年後の流通をめざして目下研究中です。世界各国の他競合社でもARを応用しためがねなどの研究が進んでいるのですが、実現のためにはより高度な技術が必要になってくる上に資金も必要ですから、一般にまでARめがねが普及するのはまだまだ先になりそうです。AR機能をめぐる研究は研究者らから熱い視線がなげかれられているのです。

iPhone8から商品化へ向けたAPPLEの動き

他社にもれる事なくアップルでもAR機能の開発は急ピッチで進んでいます。まず手始めはiPhone8から応用される事が確実で、3Dカメラに搭載される見込みです。そのために莫大な投資をしながら世界各国から研究者が集められており、その数は1000名を越えるというのですからまさに社運をかけた一大プロジェクトという事になります。3Dゲーム会社やVR関連会社も多数買収が進んでいます。3Dめがねはめがね型ウェアラブルとしてかつて大手めがねメーカーから製品化された事がありました。“飛び出す映画”とのキャッチフレーズでも有名な仮想現実をみる事ができる大型めがねです。一部の映画館やゲームソフトなどで入手できますが、一般に普及するところまではいたっていません。バーチャルめがねにするための技術があまりに高度であるためですが、iPhone8の販売を機にアップルでは一気に商品化へもっていきたい模様で、数年後の実現をめざして研究が進んでいます。

めがね型ウェアラブルとは

めがね型ウエアラブルを形にするためにはiPhoneなどのような端末から情報を送信しなければならず、バッテリーの限界を解決する事が先決となっています。あまりに大がかりで重いものにならず、めがねで見る世界が魅力的でおもしろいものでなければいけませんから、グラフィックデザインの問題もあるでしょう。様々考えていくと手軽な価格で手に入りにくくなる可能性も大きいのです。世界最先端技術を誇るアップルが、はたしてどこまで実現可能になるのか、今後の動きから目が離せません。

3DCGを商品化して市場へ流通させるための研究が世界各国で熱心に進められており、今最も熱い視線をなげかけられている分野です。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ