iPhone8のアプデ前に注意しておきたい移行問題

iPhoneでたびたび問題となるのが、中に入っているiOSのアップデートです。このアップデートというのは必須なことではありますが、たびたびトラブルが発生するので、無意識に実行するのはやめたほうがいいといえるでしょう。そこで、今回はiPhone8でも確実に行われるアプデ対策について記載します。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8のiOSは11なの?

iPhone8は発売時期についていろいろと予想されておりますが、実はこの予想というのがかなり幅が広く2018年になるというものから2017年の9月には出るという情報すらあるのです。確かに、2017年はiPhone初代誕生から10周年の節目の年ですので目玉となる商品が満を持して登場するのも納得といえるのですが、その場合はちょっとした落とし穴が待っているといわれております。

iPhoneにも搭載されるOSのiOSなのですが、現在はiOS10が使われており、多くのユーザーが使用しているOSとなっているのです。しかし、新しい11の発売も2017年の秋といわれているのですが、9月の場合は間に合わないという噂もあるのです。

そのため、iPhone8発売当初はOSが10となっており、その後すぐにiOS11にアプデが実行されるという噂があり、かなり信ぴょう性の高いものとなっております。これが現実のものとなったら、購入してすぐにOSの大型アプデに直面することになるのです。

iPhoneのOSをアップデート前に気を付けるべきこと

iPhone8購入の際にも直面するOSのアプデ問題ですが、このアプデは必ず慎重になりながら実行する必要があります。まず、必ず必要なことが空き容量チェックです。iPhone8購入者の場合すぐに容量すべてを使い切るということは少ないでしょうが、おそらくiOS10からiOS11になる際にもかなりデータ容量が大きくなるでしょう。そのため、かつかつだとアプデができません。実際にiOS9から10にアプデをするときは最低でも3GBほど必要でした。

また、アプリもOSのアプデとともにアプデをしないと動かなくなることが多いので、AppStoreでしっかりとアプデを行ってください。また、このアップデートが失敗してデータがなくなる恐れもあるので、バックアップをしておいたほうがいいでしょう。

iPhoneのOSアップデートはそこそこ頻繁にありますが、大きなものとなると必ず「アップデートに失敗しました」とか「アップデートをしたことでソフトが使えなくなった」というトラブルが出るようになります。今回のiOS11もその危険性があるので、安易にアップデートをする前に情報を集めてください。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ