種類色々!iPhone7sのソフトケースの特徴とは

充実の新機能情報が続々とリリースされるiPhone7s。早々と予約した人も多いのではないでしょうか。カメラのレンズデザイン変更やイヤホンジャック廃止など、iPhone7sでは過去シリーズの常識を一新するギミックが搭載される見通しで、それに合わせたソフトケース選びが重要になります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

発売前にケースを決めておく方法

「ケースを先に決めておく」というのは、相性の合うソフトケースを見つけるためのひとつの上級テクニックです。端末と一緒にケースを買おうとするとどうしても選択肢がかぎられてしまい、「その場にあるものから無理やりさがす」ということになりがちです。リリース間もないiPhone7sはソフトケースなどの周辺器具についても店頭での品ぞろえが豊富でない場合があり、好みにぴったり合うケースを見つけるのが難しいことがあります。ソフトケース選びで後悔しないためにも、ネット通販などを活用してみましょう。オンライン通販なら売り場面積という概念がないため、自分がほしいと思うタイプのケースをピンポイントでさがすことができます。大手ショッピングサイトであれば、いくつかのキーワードを入力して絞り込み検索をかけることも可能です。

最新のiPhone7sを長持ちさせるワンポイントアドバイス

iPhone7sのソフトケースを選ぶうえでいちばんのポイントは、カメラレンズの保護状態です。最新モデルではカメラ性能も飛躍的に向上している分、レンズ部分の厚みがやや増していると言われています。端末ではカメラレンズが弱い部分でもあるため、ケースの薄さにひかれて購入すると、「レンズが守られていない!」ということになりかねないので注意が必要です。オンラインショッピングでは、本体だけでなくレンズまでしっかり保護されているかを充分チェックしてから購入しましょう。目安として、厚さが1.3mmを超えている製品を選ぶのがおすすめです。コネクタ部分も要チェック。毎日充電することを考えると、キャップがついていないケースが使いやすいでしょう。コネクタ部分に溜まるほこりが気になるかもしれませんが、充電でコンセントにつなぐたびにカバーを外すのはとんでもなく面倒ですし、ケースの寿命を縮めることになります。

ケースだけじゃない!iPhone7sを守るアクセサリー

ソフトケースだけが端末保護のアクセサリーではありません。iPhone 6sの時代と違い、最新モデルではガラス系保護フィルムなど、液晶画面全体をしっかり保護してくれるアクセサリーが充実しています。iPhone7s以降は湾曲したスクリーンが主流になっていくと見られており、保護フィルムもそれに合わせて進化していくことでしょう。フィルムを貼り付けやすくするアイテムを同時に購入すれば、フィルム交換の煩わしさからも解放されます。

iPhone7sで弱点となるのはカメラです。デザインの都合上どうしてもレンズ部分がむきだしになってしまうため、充分な厚みのあるソフトケースで保護する必要があります。画面保護も忘れてはいけません。落下による画面割れをふせぐためにも、衝撃吸収性にすぐれた保護フィルムを選びましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ