SamsungがOLEDを專門で作る子会社を設立?理由はiPhone7sのため?

韓国メディアのKorea TimesがSamsung Display社(Samsungグループ中核に位置する企業の一つ)のiPhone7sに関するうわさについて報道したとのことです。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  SamsungがOLEDを專門で作る子会社を設立?理由はiPhone7sのため?

OLED製造専門の子会社の真相は!!

Samsung Display社 は、iPhone7sに搭載される、OLEDディスプレイ(有機ELディスプレイ)を専門で作る子会社を設立するかもしれないとのことです。
2017年はiPhone発売からちょうど10周年という記念の年となっています。この記念として発売が予定されているiPhone7sというプレミアムモデルには、それに相応しい装備が必要ではないかということで、これまでにもさまざまなうわさが飛び交っていました。

Samsung Display社は、iPhone7sに搭載を見込んだOLEDディスプレイの受注をしたといううわさが流れていて、今回のこの子会社の件については、そのうわさが展開したことによるものだと考えられます。

iPhone7sにOLEDディスプレイは搭載されるのか?

しかし、この分社化報道についてのうわさについてSamsungは、その後すぐ公式に否定するコメントを発表したようです。公式の否定はありましたが、シャープや製造用機器の大手アプライド・マテリアルズ社もOLEDディスプレイに関連した動きはあるようなので、次期iPhone7sのOLEDディスプレイの搭載説についてはやはり、限りなくあり得る話しではないかと思われます。

さてその後、OLEDディスプレイとSamsungの関連の情報なんですが、Nikkei Asian Review(日経新聞の英字記事の電子版)は、Apple社が7,000万ユニットものOLEDディスプレイパネルの大量発注を行ったと報じたようです。この膨大な発注の数からみても、プレミアムモデルであるiPhone7sにOLEDディスプレイが採用されるといううわさは、ほんとうに信頼できるものかもしれませんね。

OLEDディスプレイって何がすごいの?

ところでそのOLEDディスプレイとは、具体的にどういうものでしょうか。ちょっとおさらいをしておきましょう。

有機ELディスプレイとも言い、英名はorganic electroluminescence displey またはorganic light emitting diode displayです。有機ELの仕組みを応用して、超薄型を実現させたディスプレイのことです。電気を流すと自ら光る性質をもった有機物質を利用しており、ディスプレイとして主流である液晶やプラズマと並び、次世代の技術のひとつとして今注目をあびています。
OLEDディスプレイの最大の特徴は、薄型化が実現できるというところにあります。液晶であれば、発光させるためにバックライトが必ず必要になりますが、OLEDディスプレイの場合は自ら光ることのできる物質を利用するため、そのバックライトは不要となるわけなんです。バックライトの設置するスペースの分をすっぽりとなくして、ディスプレイが薄くなるんですね。また、消費電力や画面の見やすさなども、液晶ディスプレイよりも優れているとのことです。

しかもとても柔らかい素材で折り曲げたりすることも可能とのことなので、もしかすると、iPhone7sに採用されれば、大幅なデザイン変更などもあるかもしれませんよ。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ