iPhone7sには読み上げ機能が搭載される?

iPhoneは世界ではもちろんのこと、日本でも大変人気がありますね。ここでは、iPhone7sとiPhoneの読み上げ機能についてご紹介していきます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

読み上げ機能が搭載されたiPhone

読み上げ機能というのは、その名の通り画面に表示されている文字を読み上げてくれる機能を指します。これまでの読み上げ機能は、かなり無機質な音声がテキストを読み上げることに加えて、文字の読み間違いや単語のミスなど様々な要因から、あってもあまり使いにくい機能と言われてきました。しかし、このiPhone7sに新しく搭載される読み上げ機能は、非常に優れていると言われています。
iPhoneのSiriは有名ですが、最近このiPhoneの音声が少し変わったことに気づいた人も多いことでしょう。iPhoneのSiriは、かなり高機能な情報識別能力を持っています。実際にSiriが変わってから、とても自然になり、ミスも減ったとされる人は多いのではないでしょうか。これは、文脈から正しい単語を想定し、文章の意味をしっかりと認識した上で発音してくれる機能が発達したことを意味しています。Siriで使っているビッグデータやAIの学習機能を下に単語を認識していきますから、大変有用性が高いことがポイントです。

また、もうひとつすごいのはなんと言ってもその発音でしょう。Siriが変わった際に話題となったとは、その精度に加えて、他でもないその発音でした。前のSiriでは、流暢とはいえ、単語ごとのつなぎ目や文章の起伏などで不自然なことが多く、「AIがしゃべっている」というのが丸分かりでした。しかし、新しいSiriに変わってからは、まるで人間が会話しているかのような流暢さをかもし出しています。文章における音読も大変自然になり、読み上げを行う際にも、とてもスムーズに理解することができるようになりました。このため、新しいiPhone7sでは、さらに進化した読み上げ機能が期待できると言われています。

iPhoneの読み上げ機能を設定するには

iPhoneの読み上げ機能を設定するのは非常に簡単です。設定→一般→アクセシビリティと表示していき、中のスピーチという項目を見ます。この中で、画面項目の読み上げという表示をオンにすることで、画面の中の選択的な情報を読み上げることができます。
画面全体を読み上げる場合には、画面の読み上げをオンにします。自動テキスト読み上げは、自動修正されたものや自動で大文字入力となっているものを読み上げます。

また、選択項目などを始め、声や速さといった値をいじることができますから、たとえば「ちょっと速いな」「遅すぎる」といった場合でも、自分にあった速さを設定することで難なく対応することができます。
現行のiPhoneでもこれだけの簡単設定で行うことができます。設定自体は大きく変わらないはずですから、この恩恵を続けてiPhone7sでも利用できると言えそうです。

iPhoneの読み上げ機能を実際に使うには

iPhoneの読み上げ機能を実際に使うには、このようにしていきます。
選択的な部分での読み上げについては、まず表示されている文章の中で、読み上げたい部分を反転して選択を行います。そして出てきたメニューの中から読み上げを選択することで、内容を読み上げてくれるというわけです。

次に、画面全体を読み上げる場合については、指2本でスワイプすることで、自動的に読み上げを開始してくれる便利な機能もあります。決して自動的に読み上げが開始してしまうわけではないので、安心して使っていくことができますね。
こうしたユーザビリティは、新しいiPhone7sでさらに進化を遂げて、やや変更になる可能性があります。しかし、大きく変わらなければ、この使いやすさは継続して実感できるものとなり、その可能性が高いのも魅力です。

思ったより使い勝手が良いな、と思った人も多いのではないでしょうか。今までの読み上げとは異なり、自分にあった速さや声で読み上げてくれるのも魅力的ですね。ぜひ活用してみてください。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ