iPhone7sのピンチインで何ができる?

iPhoneにはさまざまな機能があります。しかしながら、なかにはなかなか馴染みのないものもあります。iPhoneは毎年のように新機種を出しており、今後はiPhone7Plusよりもより進んだiPhone7sが発売されると考えられています。そのなかの便利技の一つである、ピンチインという機能について、おさらいしておきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ピンチインとはもともとどんな機能なのか?

ピンチインとは、iPhoneはもちろんのこと、iPodtouchやiPadなどでも使用できる機能です。これらの液晶のタッチパネルの上に親指と人差し指をのせ、日本の指でつまむような動作をすることです。ピンチインとは、親指と人差し指の日本の指の間隔を狭めるようにします。そうして、画面を縮小する際などに使用できるといった機能です。iPhoneの技術は進んでおり、写真撮影以外にもピンチインの機能はいろいろなところで使えるようになっていますし、今後発売が予定されているiPhone7sにおいてもピンチインで操作が楽になると思われます。

iPhoneにおいてピンチインはどんな時に使われるのか?

ピンチインと言われてもパッと頭に浮かばない人もいるかもしれません。しかしながら私たちが無意識にも使っている機能の一つです。特に写真を撮影するとき、あまりにも画面が大きすぎて対象物が入らない場合、親指と人差し指で挟み込むようにピンチインをすることで、画面が小さくなります。すなわち、写真をズームインさせる際に使う機能です。さらには、safariを使用するときにもこのピンチインは使えます。特に画面や画像が大きくて全容が見られないウェブサイトなどを閲覧する場合は、ピンチインをすることによって画面が小さくなるからです。

他にも知っておきたい、ピンチインについて

ピンチインはアプリケーションにおいても使用できます。たとえば、地図アプリを開いて道を案内してもらいたいときにも、目的地までの大きな地図を見たいといった場合に、ピンチインをすることで簡単に地図を大きくできます。地図アプリ、写真アプリ、ウェブサイトなどといったように多彩な使い方ができますし、ピンチインやその逆であるピンチアウトという名前は知らなくても無意識に行っている人は少なくありません。そのため、iPhone7sにおいてもピンチインの機能はついているでしょうし、もちろん、ピンチインやピンチアウトの機能を使わない人は、設定からオフにすることもできますので安心です。

iPhoneにおけるピンチインとは、親指と人差し指の間を狭めることによって画面が変更する機能です。たとえば、写真撮影においては親指と人差し指をつまむようにピンチインすることでズームインできたり、safariでウェブサイトを閲覧する際にも使用できる機能です。iPhone7sにおいても、ピンチイン機能が搭載されさまざまなアプリケーションで活躍すると考えられています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ