iPhone7s持ちなら知っておきたい!「iPhoneを探す」

iPhone 7sを心待ちにしている方もいるでしょう。iPhone7sを持つならば、あらかじめ知っておきたい機能についてご紹介します。どんどん進化するiPhone。iPhone7sの機能を上手に使いこなしましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneを探す機能とは?

「iPhoneを探す」機能については多くの方がご存知でしょう。
iPhone をどこかで紛失してしまった場合には、iPad同様に遠隔操作で見つけることができます。どこにあるのかを把握するだけではなく、その他にも便利な機能が搭載されていますので、是非とも覚えておくと良いです。

家族や友人と共にiPhone を探す設定をしておけば、どちらか一方の端末がなくなってしまった時に探せるので便利。
iPhone を探す機能を使用する際にはiOS 8以降であればアプリは必要ありません。標準機能として搭載されています。
iOS 8以前の場合には、iPhone を探す専用のアプリを入れておく必要があります。

また、iPhone を探す機能を利用する際には位置情報サービスがオンになっていることやLTE やWi-Fi 3G 、4G などネットワークに接続されていることが必要になります。
電源が落ちている状態ではこの機能を利用することはできません。

iOS が7以降になっていれば、位置情報がOFF の場合でも紛失モードに切り替えることによって、なくしてしまった端末の検索をすることが可能です。

人探しにも使うことができる

iPhone を探す機能は端末探しだけではなく、人探しをする際にも利用することができます。
主な活用方法ではありませんが、ご家族の帰りが遅く居場所がからないまま、心配な時などには活用してみると良いでしょう。また待ち合わせをしていて、どちらか一方が迷ってしまった場合にもiPhone を探す機能を活用し居場所と消したうえで待ち合わせ場所まで導いてあげることができます。

パソコンを使用せずとも、iPhone の端末上で操作をすることができますので、iPhone 7またiPhone 7s。お持ちであれば双方で設定しておくと非常に便利でしょう。
iPhone を探す機能についてはiPhone 7同様にiPhone 7sでもサウンドの再生や遠隔ロック、遠隔データ消去などを行うことが可能だと思われます。

紛失時の便利な機能を知っておく

紛失してしまった際のiPhone を探す機能に関しては、iPhone 7と同様にiPhone7sでも遠隔操作によって自動録画することやデータの消去をすることが可能だと思われます。

万が一にでもiPhone7sを紛失してしまった際には、iPhone7sの端末上に表示される電話番号も表示されることになります。運良く拾ってくれた方が連絡をしてくれることがあれば、無事に端末が手元へと戻ってくるでしょう。
この他、iPhone を消去する操作を行うことも可能。

悪用などを防ぐため、iPhone7s上のデータをすべて消去するといった遠隔操作になります。こちらについてはApple ID とパスワードが必要になりますので、入力した状態で「消去の完了」を押してください。
データ消去を行うと当然ですが、端末内に残っている画像データやその他様々なデータが一斉に削除されることになります。
電話帳などについても削除されますので、最後の手段として覚えておきましょう。

iPhone を探す機能は上記の通り、端末を紛失してしまった場合や誰かを探したい場合に役立ちます。
日頃から位置情報をON にしておくことや、事前にアップルID を設定し、パスワードを忘れずに保管しておくことも端末管理のひとつとして行いましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ