iPhone7sの便利なキャプチャ機能

iPhone7sにも搭載されると思われるのが、画面キャプチャです。画面キャプチャとは、画面を画像として保存できる機能であり、iPhoneには標準装備されています。その機能は便利ですので、知っておくとよいでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7sにもつくと思われる画面キャプチャ機能とは

画面キャプチャ機能とは、WindowsやMacのパソコンにも標準で搭載されている機能です。自分のパソコンの画面やデスクトップの状態をそのまま画像として保存できる機能です。

たとえば、パソコンの使い方がわからなかったり、画面を見て何か示したりしたいときなど画面をそのままキャプチャ機能で送ることができるので便利です。エラーが起こったりしても、キャプチャ機能があればエラーを見つけることができるでしょう。

iPhone7sの画面キャプチャのやり方とは?

iPhone7sにも画面キャプチャ機能が搭載されると思われており、これはiPhoneならではのことです。やり方は極めて簡単です。これは、電源ボタンを先に押してからホームボタンを押します。そうするとパシャリと音がして画面を取ることができます。

キャプチャ機能によって、キャプチャされた画像は、カメラロールに保存されます。そして、メールで送ったりすることができ便利です。キャプチャの機能で取り込んだ画面はデータ化することでブログやSNSに掲載できます。シャッター音が鳴ってしまいますのでマイクの部分を抑えると無音でキャプチャ撮影できます。

このようなキャプチャ機能は誰でも簡単に使えます。しかもiPhone7sにも標準搭載されると思われていますのでSNSを行う人など、知っておくとよいでしょう。

ワンタッチでキャプチャできる方法が!?

iPhone7sのキャプチャ機能は、二つのボタンを押すというシンプルなものですが、ボタンのどちらかを押すとSiriの起動やスリープモードにします。実はほかにも、ワンタッチでiPhone7sの画面キャプチャを撮影することもできます。

これには、iPhone7sに内蔵されている「AssistiveTouch」機能を使うことでおこねます。その機能であれば、ワンタッチでスクリーンショットを取ることができます。これには、設定ボタンから一般をクリックし、アクセシビリティからAssistiveTouchをタップします。そうするとスクリーンショットを使用できます。ワンタッチでそのようなキャプチャ機能ができ便利です。ほかには、アプリなどもありますので、キャプチャ機能は便利です。

iPhoneに標準搭載されている便利な機能が、キャプチャエ画面です。キャプチャ機能を使うには、スリープボタンとホームボタンを一緒に長押しをするとよいでしょう。スクリーンショットを保存することもでき便利です。ワンタッチで押すことができる機能としては、Assistive Touchもありますし、アプリもあります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ