ガラスボディ?ワイヤレス充電?期待が膨らむばかりのiPhone7s!

今秋発売予定のiPhone7sについては、2017年という年がiPhone発売から10周年となるアニバーサリーイヤーなだけに、フルモデルチェンジ?と各方面からの期待が高まっています。なかでもユーザーが一番気になっているのは、どのような新機能が搭載されるのかということではないでしょうか?さて、記念すべき年にふさわしいプレミアムモデル・iPhone7sに見られるかもしれない大幅な進化とは一体どんなものなのでしょう?


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  ガラスボディ?ワイヤレス充電?期待が膨らむばかりのiPhone7s!

ボディがアルミニウムからガラスに?!

Apple製品の情報に詳しいKGI証券のアナリストのMing-Chi Kuo氏によると、2017年に発売予定のiPhone7sでは、有機EL(OLED)ディスプレイが採用されるだろうと報告しています。ディスプレイへのOLED採用については、省電力が実現できることや、バックライトが必要な液晶ディスプレイとは違い、OLEDでは画素そのものが発光するということから薄型化が期待できるということで以前からスマートフォン業界では製品化への期待が高い素材でした。しかし、その製造過程でレアメタルが使用されるなど、コストが高いということがネックになっており、なかなか大量生産へ投資するメーカーが多くなかったというところがあります。そんななか、日本の研究開発チームによりレアメタルを利用しないで製造できる新型OLEDの開発研究の成功が報告され、そのことは2017年以降のOLED量産体制への布石となっています。この新型有機OLEDがディスプレイに採用されることで軽量化が可能になります。さらにそこに追い風となる報告が、Apple社のスマートフォンなどモバイル製品のディスプレイ用にガラスを提供していたコーニング社による新ゴリラガラスの開発成功です。この新型ガラスは写真などの鮮やかな画像の転写が可能となり、さらに従来よりも強度が高いものとなっています。Apple社ではiPhone7sにOLEDのディスプレイを採用することで全体の軽量化をはかり、ボディをアルミニウムから新型ゴリラガラスに変更しデザインの一新をはかるのではと予測されています。

iPhone7sはワイヤレス充電が可能に?!

また、以前からiPhone7sの設計図と言われる画像がSNS上には投稿されていましたが、最近その画像の各パーツに対しての解説がついているものが流出し注目を集めました。ちなみに、もともとiPhone7sの充電方式については二つの噂があり、ひとつはIPad Pro的なスマートコネクタを利用するというもので、もうひとつが今回の画像流出から可能性が高まったワイヤレス充電機能を内蔵するというものです。流出した設計図によると、本体背面に「円形パーツ」があったため、それがワイヤレス充電用のパーツではないかとの推測を呼んでいるのです。

OLEDディスプレイやワイヤレス充電を採用し、ガラスのボディで外観が大きく変わるiPhone7sは、エントリーレベルでの需要が高いと見られています。それはユーザーの期待値を表すものですが、やはり、従来からの大幅なモデルチェンジともなれば、前例のないほど多くの買い替え需要をApple社にもたらすのでと予測されています。はたして、iPhone7sはiPhone6の売り上げ・1億1,000万~1億2,000万台を超えることができるのでしょうか?

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ