iPhone7sには二つのFaceTimeカメラ搭載?その目的は顔認証?!

2017年発売予定のiPhone7s。まだ未発表の機能もありますが、今回はFaceTimeカメラが搭載され、カメラ機能も格段に良くなるとの情報を入手しました。二次元が三次元になって自撮りも便利になったFaceTimeカメラとは?詳細を見ていきましょう。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  iPhone7sには二つのFaceTimeカメラ搭載?その目的は顔認証?!

そもそもFaceTimeってなに?LINEよりも低容量、かつ長く無料通話できる?

ここ最近いわゆる「ガラケー」もしくはandroidスマホからiPhoneに切り替える方が増えています。しかし販売店で勧められるままiPhoneを手にした方が悩みがちなのが、FaceTimeなど見たことのない機能が勝手についていることではないでしょうか。
FaceTimeに限って説明すると、簡単に言えばiPhoneどうしなら誰にでもかけられる通話・テレビ電話の無料アプリです。高音質で、iPhoneであればアプリをインストールする必要がなく、また相手がiPhoneであれば電話番号やメールアドレスなどを知らなくてもかけられるのが特徴です。さらに大きなメリットはLINEなどの無料通話アプリにくらべてパケットの消費が少ないため、データ容量を比較的気にすることなく長時間の通話も可能です。

今回お知らせするiPhone7sの新機能は、このFaceTimeに搭載されたカメラ。これが大きく変化します。

FaceTimeにカメラが二つ?三次元になることで顔認証がスムーズに!

経済系サイトTHE INVESTORでは、LG Innotek社がiPhone 8のFaceTimeカメラを生産する、と報じています。カメラは2つのレンズから成る新型iSightカメラだとのことですが、これは顔認証をスムーズにするための機能ではないか?と推定されています。カメラが2つあることによって被写体の奥行きを図ることができ、これまで二次元で処理していたFaceTimeのカメラが、2つになることによって三次元の認識ができるようになると言われています。この技術によって顔認証の精度も向上すると予測されます。
また、この新型iSightカメラはiPhone7plusに搭載予定の、「ポートレート機能」が使えるカメラとしても注目されています。ポートレート機能とは、カメラを向けると自動的に被写体と背景との距離を9段階で判断し、段階に応じ背景をピンボケさせることで被写体の姿をよりくっきりと映し出す機能です。この機能がFaceTimeに応用されれば、被写体と背景との区別がより鮮明になるため顔認証がスムーズになると予測されます。

さらに便利なおまけつき!カメラ機能の向上で「自撮り」も楽になる?

仮に前述のポートレート機能が搭載された場合、さらに便利になることがあります。それは「自撮り」が簡単になることです。これまで携帯やスマホのカメラで自分自身を撮る際、ピントを合わせたり顔の表情やフレームに収まるかを確認するため、思いっきり腕を伸ばす必要がありました。もちろん「自撮り棒」といったアイテムもありますが、持ち運びに不便なうえ使用する場所も限られます。しかしポートレート機能が搭載されたiPhoneであれば、カメラが自動的に顔と背景との距離を感知してくれるので、ピントを合わせるために腕を伸ばす必要がありません。またポートレート機能であればカメラを向けながら被写体と背景との距離を自分でも確認できるので、これまでよりも思い通りの鮮明さで「自撮り」が可能になるでしょう。新機能によってテクニックも要らず、腕も疲れない。これまでよりも楽に撮影できると思われます。

まとめ

iPhone7sに搭載予定の、FaceTimeカメラ。レンズが2つになることで顔認証がスムーズになり、アプリでの無料通話もより安全に楽しめるほか、被写体と背景を区別する「ポートレート機能」によって腕を伸ばすことなく自撮りも可能になるでしょう。apple社の正式な発表が待ち遠しいものです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ